春アニメ『エスタブライフ グレイトエスケープ』より、2022年4月27日(水)から放送の第4話「民主主義から逃げられない」のあらすじ・先行場面カットが公開された。

『エスタブライフ』は、『コードギアス』シリーズの谷口悟朗が原案・クリエイティブ統括を務めるオリジナルプロジェクト。TVアニメ『エスタブライフ グレイトエスケープ』では、『ご注文はうさぎですか?』などのゆるく可愛らしい女の子の日常描写に定評のある橋本裕之が監督、『シドニアの騎士』のポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を担当する。

舞台となる実験都市・東京では、人間はそれまでの姿形だけでなく、獣人・サイボーグ・魔族など多様な姿を持つようになった。AIが管理する数多の地域「クラスタ」では、人々は、自らが生まれたクラスタの常識を基準に幸せな人生を送っている。そんな世界で、自分の「クラスタ」に適応できない者をあらゆる方法を駆使してAIの裏をかき、別の「クラスタ」へと逃がす“逃がし屋”たちの姿を描いている。

第4話のタイトルは「民主主義から逃げられない」。
逃がし屋の作戦中の事故で、二つの身体に分かれてしまったマルテース。しかし、そんな状態でも「彼女たち」の脳内では、いかにしてエクアを独り占めしてやろうかという欲望が渦巻いており、脳内で会議が巻き起こるが……。

第4話に登場する注目キャラクターは、パンダ獣人のプープー(CV.飛田展男)とクライアント男(CV.高木渉)だ。作戦中の事故で身体が真っ二つに分かれてしまい困ったマルテースは、プープーに声を掛けられ、とある場所に案内される。そこにいる他の獣人たちにも注目しよう。

この記事の画像

「春アニメ「エスタブライフ」舞台は上野。事故でスライム娘の身体が真っ二つに! 第4話先行カット」の画像1 「春アニメ「エスタブライフ」舞台は上野。事故でスライム娘の身体が真っ二つに! 第4話先行カット」の画像2 「春アニメ「エスタブライフ」舞台は上野。事故でスライム娘の身体が真っ二つに! 第4話先行カット」の画像3 「春アニメ「エスタブライフ」舞台は上野。事故でスライム娘の身体が真っ二つに! 第4話先行カット」の画像4
「春アニメ「エスタブライフ」舞台は上野。事故でスライム娘の身体が真っ二つに! 第4話先行カット」の画像5