野田サトルによる冒険活劇マンガ『ゴールデンカムイ』が、「週刊ヤングジャンプ」22・23合併号にて最終回を迎えた。
本稿では、物語の終幕を記念し、本作の魅力やまつわるエピソードをあらためて振り返っていく。

■ゴールデンカムイとは

2014年8月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始した、野田サトルによる冒険活劇マンガ。2018年4月にはTVアニメ化を果たし第3期まで放送されるなど、不動の人気を博している。
明治時代後期の北海道を舞台に、網走監獄の死刑囚たちが隠した莫大な埋蔵金を巡る冒険を描いており、バトル、サバイバル、歴史、グルメといったバラエティに富んだ内容が特徴。また、緻密に調べられた「アイヌ文化」についての描写も本作の見どころのひとつである。2021年には第24回文化庁メディア芸術祭で受賞するほか、さまざまな漫画賞に取り上げられてきた話題作だ。

■クセ強すぎ!不死身、脱獄王、多種多様な変態が勢ぞろい♪

物語には数多くのキャラクターが登場。そのキャラクターたちは、全員キャラが立ちすぎているといっても過言ではない。
主人公の杉元佐一は、「不死身の杉元」と呼ばれる元大日本帝国陸軍第一師団の隊員。その異名のとおり、激しい戦闘に何度も巻き込まれるものの、死地に活路を見出し生き抜いていく。
その相棒となるのが、アイヌの少女・アシリパ。作中では彼女が、山での暮らしや狩猟、そしてアイヌ文化の案内人を担っている。食事に感謝する言葉「ヒンナ」、捕らえた肉や魚を小刀で細かく刻んだ料理「チタタプ」など、アシリパによるアイヌの知識は、ファンのなかでも馴染みある言葉になりつつある。

この記事の画像

「「ゴールデンカムイ」最終回ッ! 江渡貝くぅぅん、ラッコ鍋…変態たちの軌跡を今、振り返る――」の画像1 「「ゴールデンカムイ」最終回ッ! 江渡貝くぅぅん、ラッコ鍋…変態たちの軌跡を今、振り返る――」の画像2 「「ゴールデンカムイ」最終回ッ! 江渡貝くぅぅん、ラッコ鍋…変態たちの軌跡を今、振り返る――」の画像3 「「ゴールデンカムイ」最終回ッ! 江渡貝くぅぅん、ラッコ鍋…変態たちの軌跡を今、振り返る――」の画像4