1979年に放送開始となったテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。その第15話「ククルス・ドアンの島」が40年以上の時を経て1本の映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』として上映される。

主人公であるアムロ・レイを演じたのはテレビアニメ『機動戦士ガンダム』でも同キャラクターを演じた古谷徹、そしてもう一人の主人公ククルス・ドアンを演じたのは武内駿輔だ。果たして二人は今回の作品をどう捉え、いかに演じようと思ったのか。大いに語ってもらった。

[取材・文:一野大悟 撮影:吉野庫之介]
[古谷徹]ヘアメイク:氏川千尋 スタイリスト:Masateru Abe
[武内駿輔]ヘアメイク:小園ゆかり

声優の道を志すきっかけの一端に『ガンダム』があった

――古谷さんは「ククルス・ドアンの島」の映画化を知った際、どのように思われましたか?

古谷:『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の流れから、次は第1話「ガンダム大地に立つ!!」のリメイクだと予想していたので、いきなり第15話「ククルス・ドアンの島」をやるんだ、と驚きました。

――また、ここまで大々的にアムロ・レイを演じるのは久々だったのでは?

古谷:アムロは定期的にゲーム作品などでも演じるのですが、映画の主人公としてというのは約40年ぶりなんです。しかも描くのが安彦監督ということもあり、収録がとても楽しみでした。

――今作のアムロを演じるにあたって意識したことはありましたか?

この記事の画像

「「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」古谷徹×武内駿輔インタビュー「立場とプライドを捨てれば人は分かりあえる」」の画像1 「「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」古谷徹×武内駿輔インタビュー「立場とプライドを捨てれば人は分かりあえる」」の画像2 「「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」古谷徹×武内駿輔インタビュー「立場とプライドを捨てれば人は分かりあえる」」の画像3 「「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」古谷徹×武内駿輔インタビュー「立場とプライドを捨てれば人は分かりあえる」」の画像4
「「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」古谷徹×武内駿輔インタビュー「立場とプライドを捨てれば人は分かりあえる」」の画像5