TVアニメ『進撃の巨人』より若き調査兵団時代のエレン、ミカサ、アルミンが、「プライム1スタジオ」のハイエンド・ブランド「PRIME 1 STATUE(プライム1スタチュー)」のアルティメットプレミアムマスターラインからスタチュー化された。「DXボーナス版」が、「プライム1スタジオ」のオンラインストアにて予約受付中だ。

『進撃の巨人』は、諫山創が2009年の「別冊少年マガジン」創刊から2021年まで連載していたダークファンタジー。巨人がすべてを支配する世界を舞台に、自由を求めてあらがい続ける人類の死闘を描く。
最終章となる「『進撃の巨人』The Final Season Part 2」では、第76話「断罪」以降のエピソードを展開。一度目の「超大型巨人」襲来から6年。調査兵団はウォール・マリア外への壁外調査を敢行するのだった――。「『進撃の巨人』The Final Season完結編」はNHK総合にて2023年に放送。

謎と恐怖に満ちた世界を舞台に、自由を求める生命の躍動を描いた『進撃の巨人』。今回のスタチューは「鮮烈な青春群像劇」と「縦横無尽のアクションシーン」をテーマとするもので、プライム1スタジオの造形・塗装技術を駆使し、物語の軸となるふたつの要素を持った若き調査兵団時代のエレン、ミカサ、アルミンが立体化された。

宙を舞うダイナミックなポージングで、立体機動装置は各部の機構が忠実に再現されており、コスチュームは生地の質感を感じさせる仕上がりだ。

この記事の画像

「「進撃の巨人」若き調査兵団時代のエレン、ミカサ、アルミンがスタチュー化!39万超えのDXボーナス版!」の画像1 「「進撃の巨人」若き調査兵団時代のエレン、ミカサ、アルミンがスタチュー化!39万超えのDXボーナス版!」の画像2 「「進撃の巨人」若き調査兵団時代のエレン、ミカサ、アルミンがスタチュー化!39万超えのDXボーナス版!」の画像3 「「進撃の巨人」若き調査兵団時代のエレン、ミカサ、アルミンがスタチュー化!39万超えのDXボーナス版!」の画像4
「「進撃の巨人」若き調査兵団時代のエレン、ミカサ、アルミンがスタチュー化!39万超えのDXボーナス版!」の画像5