2021年11月10日に幕張イベントホールで開催された、約11年ぶりとなる『マクロスF(フロンティア)』単独ライブ「SANKYO presents マクロスF ギャラクシーライブ 2021[リベンジ]~まだまだふたりはこれから!私たちの歌を聴け!!~」の模様を収録したBlu-rayが、6月22日(水)に発売。それを記念した先行上映会が6月4日にTOHOシネマズ日本橋にて行われ、ランカ・リー役の中島愛さん、フライングドッグ代表取締役社長・佐々木史朗さんが登壇しました。

[文=米田果織 撮影=小原聡太]

■「あの時出せなかった自分をとにかく出したい」がキーワードに

ランカのイメージカラーであるグリーンのワンピースに身を包んで登場した中島さんは「今日はよろしくお願いします!」と元気よく挨拶。それに続く佐々木社長も「老齢年金はカウントダウン! フライングドッグの佐々木でございます!」と笑いを誘う挨拶で、さっそく会場を沸かせます。

さらにこの日、残念ながらツアー中で登壇できなかったシェリルの歌唱担当のMay’nさんからメッセージビデオが届いており、さっそくその映像を大スクリーンで上映。ライブを振り返り「この日しかできないステージにすることができました。シェリルの曲に、“死にたいよ”という歌詞もありますが、ここで死んでもいいと思わないと歌えない曲ばかり。でも、死んでもいいや、と思って歌いながらも“いや、まだ生きたい”と同時に思うんです。たくさんの命を使い、たくさんの命をもらった1日でした。ぜひ映画館で、私たちの命懸けのステージをお楽しみください」との熱いメッセージに、会場に集まったファンから温かい拍手が送られました。

この記事の画像

「中島愛&May’n、11年ぶりの「マクロスF」ライブを佐々木史朗社長も絶賛「2人の今までの蓄積が形になった」」の画像1 「中島愛&May’n、11年ぶりの「マクロスF」ライブを佐々木史朗社長も絶賛「2人の今までの蓄積が形になった」」の画像2 「中島愛&May’n、11年ぶりの「マクロスF」ライブを佐々木史朗社長も絶賛「2人の今までの蓄積が形になった」」の画像3 「中島愛&May’n、11年ぶりの「マクロスF」ライブを佐々木史朗社長も絶賛「2人の今までの蓄積が形になった」」の画像4
「中島愛&May’n、11年ぶりの「マクロスF」ライブを佐々木史朗社長も絶賛「2人の今までの蓄積が形になった」」の画像5