Microsoft,LGとライセンス締結を行う--Android端末の特許使用料でテラ銭を稼ぐMS

Microsoft,LGとライセンス締結を行う--Android端末の特許使用料でテラ銭を稼ぐMS

「テラ銭でウッマウマー」

海外メディアが報じるところによると、MicrosoftはLGが販売するAndroidおよびChrome OSを採用するモバイル端末、タブレットについて、特許使用料と引き換えにライセンスを提供する契約を締結したようだ。

Microsoftは、Samsung、HTC、Acerなどスマートフォンメーカー10社との間で、
AndroidやChrome OSについての同様の特許契約を結んでおり、米国で販売されるスマートフォンの実に70%にまで対象が及んでいるとみられる。

今回も契約内容は明らかにされていないが、情報筋によると1台のAndroidスマートフォン販売につき、マイクロソフトは3~6ドルのライセンス料を獲得する。
これらのライセンス料から得られる収益は、2012年度で4億ドルを超えるものになるとみられていたが、今回のLG電子との契約でさらにライセンス料は増える見込み。

MSは自社のWindows Phoneが売れなくても、ライバルが売れれば売れるほど利益が上がるのだから嬉しい悲鳴がここまで聞こえてきそうだ。

なおMSから特許の干渉を受けない大手メーカーは、Motorolaただ1社のみ(2011年10月時点)で、
これらのライセンス料が入ることでMSの株は1株あたり0.04ドル利益が上がる計算になるという。

MicrosoftのAndroid特許契約相関図

自身の権利を請求するのは当然のことかもしれないが、せっかくのAndroidという自由な土壌であるにも関わらず、
これで端末が作りづらくなってしまっては元も子もない。


あわせて読みたい

APPGIGA!!の記事をもっと見る 2012年1月15日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。