Texas Instruments、OMAP5プロセッサのデモを披露する

Texas Instruments、OMAP5プロセッサのデモを披露する

「こいつぁすげぇCPUだぜ」

米Texas Instrumentsは、同社のモバイル向けSoC”OMAP”シリーズの次世代モデル「OMAP 5」のリファレンスデザインをCES 2012で披露した。OMAP 5は、2GHzデュアルコアARM Cortex A15 CPU、デュアルコアPowerVR SGX544MP GPU、ARM Cortex M4×2を搭載したSoCだ。

OMAP 5シリーズの製造プロセスは28nm、2基のARM Cortex A15 MPCoreを搭載し、クロック周波数は最大2GHzだとされる。
GPUはPOWER VR SGX544-MPx(2コア~165コアまで対応)を搭載。
前世代のARM Cortex A9 MPCoreを採用するOMAP 4シリーズと比較した場合3倍の処理性能、5倍の3Dグラフィック性能、平均60%消費電力を削減できるとされている。(GPUはNGPより上位のものか)

OMAP 5シリーズに搭載されているARM Cortex A15 MPCoreの性能は、
ARM Cortex A9 MPCoreと同一クロック周波数の場合50%以上とされており、ARM Cortex M4プロセッサを2基搭載したことでARM Cortex A15の処理をオフロードでき、端末の応答性能低下を抑えることができるという。
つまりはプチフリーズのような症状が減るという事か。

今回披露されたSoCは、Android 4.0.1のリファレンスデザインで、CPUクロックを800MHz程度に抑えていたそうだが、
それでも1.5GHz駆動のCoretex A9と性能で同程度だという。
解像度1,280×800(WXGA)のディスプレイを搭載し、GPUクロックは300MHz未満だったそうだが、OpenGL|ES 2.0性能を測るベンチマークソフトNenamark 2では平均フレームレート64fpsをたたき出した。(リフレッシュレート制限がなければ130fps出すことも可能)


あわせて読みたい

APPGIGA!!の記事をもっと見る 2012年1月16日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。