隠れた紅葉スポット、都心から約30分でアクセスできる川崎市多摩区の「生田緑地」をご紹介!

隠れた紅葉スポット、都心から約30分でアクセスできる川崎市多摩区の「生田緑地」をご紹介!
       
生田緑地のメタセコイア林 ©写真AC

2020年の関東地方の紅葉の見頃は11月中旬から12月上旬です。電車や車などで都心から約30分で行ける、隠れた紅葉の名所である川崎市多摩区の「生田緑地」を紹介します。生田緑地内には、川崎市立日本民家園があり展示やワークショップも開催中。紅葉散策とともに楽しみましょう。

生田緑地のおすすめ紅葉スポット

隠れた紅葉スポット、都心から約30分でアクセスできる川崎市多摩区の「生田緑地」をご紹介!
中央広場付近のメタセコイア林

首都圏を代表する緑豊かな自然環境を有する「生田緑地」。 敷地面積は95.5ヘクタールで、東京ドーム約20個分の広さを誇ります。
秋になると、クヌギやコナラを中心とした雑木林やメタセコイア林が赤色や黄色に色づき園内が紅葉に染まります。中央広場・西口広場と広大な芝生広場が広がり、休日にはピクニックを楽しむ人でにぎわいます。

中央広場の奥に潜むエリアには、30mを見上げるメタセコイアの木々が並びます。生田緑地における代表的な紅葉スポットです。

隠れた紅葉スポット、都心から約30分でアクセスできる川崎市多摩区の「生田緑地」をご紹介!
奥の池

メタセコイア林のそばにある「奥の池」。色とりどりの紅葉した木が並ぶエリアで、池に映る紅葉が美しい情景を作り出します。

隠れた紅葉スポット、都心から約30分でアクセスできる川崎市多摩区の「生田緑地」をご紹介!
三又路

東口の入口から中央広場に向かう途中にある「三又路」でも、赤々としたもみじの紅葉が楽しめます。

隠れた紅葉スポット、都心から約30分でアクセスできる川崎市多摩区の「生田緑地」をご紹介!
枡形山から眺める紅葉

「枡形山展望台」からは360度のパノラマで、生田緑地に広がる広大な紅葉風景を望むことができます。晴れた日には紅葉越しに富士山や東京スカイツリーなどを見ることもできるそうです。

枡形山から林道を進むと突然現れる秘境のような不動尊跡地。モミジやイチョウに囲まれており、参道は落ち葉のじゅうたんで彩られます。


あわせて読みたい

地球の歩き方 ニュース&レポートの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。