クエンティン・タランティーノ最新作ついに全米公開!映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

クエンティン・タランティーノ最新作ついに全米公開!映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

クエンティン・タランティーノ9作目の長編監督作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が7月26日(金)全米で公開され、タランティーノ史上最大のオープニング成績を飾りました。5月の第72回カンヌ映画祭でワールドプレミアとなった本作は、全米公開までの2か月間、その全貌はヴェールに包まれていましたが、ついに全米公開となりました。日本では8月30日(金)公開となります。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ストーリー

クエンティン・タランティーノ最新作ついに全米公開!映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ストーリー

【ストーリー】
リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。

パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。

そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

というストーリー。ついにその概要が明かされました。


あわせて読みたい

地球の歩き方 ニュース&レポートの記事をもっと見る 2019年7月29日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら