50オトコの50日間世界一周。地球のまわり方! 第3回 セルビア~マルタ編

50オトコの50日間世界一周。地球のまわり方! 第3回 セルビア~マルタ編

第3回はセルビア、イタリア、マルタをまわります(写真はマルタの前に立ち寄ったローマにて)。ポルトガルのポルトから、アセイシ君と共にセルビア共和国のベオグラードに移動です。航空会社は初めて使うLCCのイージー・ジェット。この会社はアーリー・チェックインが必須で、搭乗券も事前にスマホに入れておくかプリントしないと乗せてくれません。 ポルトの空港ではチェックインがスルーで、荷物を預けに行くと、2人の美人スタッフが迅速に対応してくれました。

28年ぶりのベオグラード

50オトコの50日間世界一周。地球のまわり方! 第3回 セルビア~マルタ編
約30年ぶりにベオグラードで記念撮影

 2 時間10 分でスイスのジュネーブに到着。ここでトランジットです。LCCの欠点は荷物がスルーで目的地に行かず、経由地で自ら取って再び預けないといけないこと。荷物預けカウンターは長蛇の列で、1時間も並びました。空港内で困惑したこと。スイスはスーパーのレジ係の時給が約3500円(!)という物価の高さを誇ります。通常、空港のセキュリティでは水は没収。私は水分を常に補給したい体質なので必ず空港で購入しますが、売店の水が約500円もするのです。水は必要だけど、そんなに払って買う気が起きません。
 どうしようかとしばらく売店の前で悩んでいるとお金持ちのアセイシ君が「いつも嵐さんには世話になっているので水を奢らせてください」と言い、さらに彼は自分の水とポテトチップも購入しました。全部で1500円くらいです。
 ジュネーブからは約2時間のフライト。ベオグラードに来るのは28年ぶりです。1991年9月当時、私は鉄道でヨーロッパを周遊していました。その過程で当時ユーゴスラビアの首都ベオグラードに寄ることになったのですが、駅に到着するとただならぬ状況。そこは若い兵士でごった返し騒然としていたのです。
 内戦状態になっていたのは知ってはいましたが、当時インターネットはなく、旅行中で情報も得にくかったのでこんな状況になっているとは驚きでした。この町には泊まれないと思って次の列車を待つために外のカフェで時間を潰していたのですが、写真を持った母親が他の兵士に写真を見せて「息子を知らないか?」と尋ねまくっていたのが印象的でした。それ以来、いつか再訪したいと思っていたのです。


あわせて読みたい

地球の歩き方 ニュース&レポートの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月11日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。