クアラルンプール観光で訪れるべきバツー洞窟は、カラフルなパワースポット(マレーシア)

クアラルンプール観光で訪れるべきバツー洞窟は、カラフルなパワースポット(マレーシア)
バツー洞窟のムルガン神とSNS映えするレインボーカラーの階段

クアラルンプール郊外に位置するマレーシア屈指の観光スポットといえば、バツー洞窟(Batu Caves)。地上100mを誇る石灰岩質の山の頂上付近にある洞窟にはヒンドゥー寺院があり、巡礼者だけではなくツーリストも多く訪れることで知られています。

KTMのバツー・ケーブ駅からバツー洞窟までは徒歩約5分

クアラルンプール観光で訪れるべきバツー洞窟は、カラフルなパワースポット(マレーシア)
KLセントラル駅から36分のバツー・ケーブ駅

マレーシア・クアラルンプール市内からバツー洞窟までのおもなアクセス方法は、電車かタクシーです。

電車の場合は、KLセントラル駅(KL Sentral)からKTMコミューター(KTM Komuter)のセレンバン線(KTM Seremban Line/KTM Laluan Seremban)で所要36分です。バツー・ケーブ駅(Batu Cave)で下車し、徒歩約5分でバツー洞窟に到着します。本数は15~20分に1本となっています。また、道路状況にもよりますが、Grabなどタクシー配車アプリを利用すると所要20~45分ほどです。

ヒンドゥー教寺院では足を出す服装は禁止

クアラルンプール観光で訪れるべきバツー洞窟は、カラフルなパワースポット(マレーシア)
ヒンドゥー教寺院に入る時の注意

バツー洞窟は、ヒンドゥー教発祥の地であるインド以外の国における最も有名なヒンドゥー寺院とされています。マレーシアでは、イポー、マラッカ、ペナンと国内に4つの主要なヒンドゥー寺院がありますが、当然ながらそれらのなかでも最も重要な位置づけ。そのため世界中から信者が訪れる聖地となっています。

バツー洞窟の特徴は、272段もある洞窟へ続く階段です。以前はレンガ色の単色でしたが、2018年に大規模改修が行われ、虹のようにカラフルな極彩色となりました。この改修は賛否両論を巻き起こしましたが、SNS映えすると話題を呼び、多くの人を惹きつけることになったのは間違いありません。

また、正面に向かって右側に建つ黄金像は、軍神ムルガン。高さ42.7mを誇る像で、父はヒンドゥー教の主神の1人とされるシヴァ神です。丘や山の上に建立されたヒンドゥー寺院では守護神とされています。

寺院の見学は無料ですが、短パンやミニスカートで中に入ることは禁じられています。そのような格好の場合は、階段の入口にある門塔(ゴプラム)の下で、腰に巻くスカーフをRM5(約129円)でレンタルできます。見学後にレンタルしたスカーフを返すとRM2(約51円)が戻ってきます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 観光 東京
地球の歩き方 ニュース&レポートの記事をもっと見る 2019年10月29日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。