サッチモ&ジャズのふるさとアメリカ・ニューオリンズの旅へ

サッチモ&ジャズのふるさとアメリカ・ニューオリンズの旅へ
ニューオリンズの町並み ©iStock

19世紀末頃、アメリカ南部の港町・ニューオリンズでジャズの原形ができたといわれています。サッチモ(Satchmo)の愛称で知られるジャズミュージシャン、ルイ・アームストロングは、ニューオリンズで幼少期を過ごしました。サッチモとジャズのふるさと、アメリカ・ニューオリンズの旅を紹介します。

アメリカ・ニューオリンズとは!?

サッチモ&ジャズのふるさとアメリカ・ニューオリンズの旅へ
フランス植民地時代の雰囲気が残るフレンチ・クォーター ©iStock

ニューオリンズは、メキシコ湾に面したルイジアナ州の都市です。昼間の最高気温は、年間を通して35~40度になることが多く、湿気の多い亜熱帯地域の気候となっています。

■ニューオリンズの天気&服装ナビ
・URL: https://www.arukikata.co.jp/weather/US/MSY/

市内のフレンチ・クォーターと呼ばれる地区には、フランス植民地時代の雰囲気が色濃く残ります。アメリカとしては珍しい古い建物が、路地裏にまで並びます。

ホテルや飲食店、雑貨店の多くは、コロニアル時代の建物をリノベーションして使っているのです。

サッチモ&ジャズのふるさとアメリカ・ニューオリンズの旅へ
町にはジャズの響きが…… ©iStock

足を踏み入れると、そこにフレンチな路地裏が

サッチモ&ジャズのふるさとアメリカ・ニューオリンズの旅へ
古い建物が並ぶフレンチな路地裏

ニューオリンズに到着後、暑さに少し慣れたら散策を開始しましょう。

筆者は、ホテルのコンシェルジュに「子連れで、ジャズのパフォーマンスが見られて、おいしいレストランを教えてください」と聞きました。コンシェルジュは、心あたりの店に電話をし、店までの地図とともに、案内してくれました。

コンシェルジュには、ぜひ声をかけてみましょう。地元店とのコネクションを持っていて、「生きた情報」をくれるからです。筆者が声をかけた時に「Hisorical Bus Tour」もすすめられました。1人50ドルでしたが、次の日を有効に過ごせそうなので、予約を依頼しました。


あわせて読みたい

地球の歩き方 ニュース&レポートの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「イギリス」のニュース

次に読みたい関連記事「イギリス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「台湾」のニュース

次に読みたい関連記事「台湾」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フランス」のニュース

次に読みたい関連記事「フランス」のニュースをもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月15日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。