イギリスの白亜絶壁パワースポット「セブン・シスターズ」から眺める絶景がスゴイ!!

       
イギリスの白亜絶壁パワースポット「セブン・シスターズ」から眺める絶景がスゴイ!!
道中の案内板

セブン・シスターズは、イングランド南部のイースト・サセックス州にあるイギリス海峡に面した白い崖の連なりです。シーフォード(Seaford)とイーストボーン(Eastbourne)という町の間に位置しており、一帯はサウス・ダウンズ(South Downs)国立公園内にあります。

岩壁の白さは数100万年もの大昔に水没した際、柔らかな石灰岩が海水で押し流され、側面に付着したためといわれています。石灰岩とはチョーク(chalk)のことで、黒板に使われるチョークの語源でもあります。

別のイングランド南部地方のサリー州では、ブドウ栽培が盛んでワイナリーも点在しますが、これはブドウ作りのカギを握るチョークの地層が多いためです。このことからも、イングランド南部は沿岸部からかなり内陸の方までチョーク層が広がっていそうです。

「セブン・シスターズ」という名前の由来

イギリスの白亜絶壁パワースポット「セブン・シスターズ」から眺める絶景がスゴイ!!
海辺に広がる丘

ちょっぴり皮肉屋で、なんでも独自のあだ名をつけるのに長けているイギリス人は、建物やお菓子など、聞いただけではその呼称になった理由が推しはかれない名前をつけるのが好きです。
セブン・シスターズという名前の由来は諸説ありますが、一般的に浸透しているのは、海水に侵食されて7つの丘になった崖が「歳の違う巨大な姉妹に見えたから」というもので、意外にシンプルです。

それぞれの丘にはきちんと個別の名前がつけられているのですが、単に「短い丘(Short Brow)」「平らな丘(Flat Hill)」など、姉妹にしては色気のかけらもないネーミングのものもあります。「昔の人って想像力がないわね」なんて言っている現代のイギリス人ライターもいて、やはりそこは皮肉屋のイギリス人、健在です。


あわせて読みたい

地球の歩き方 ニュース&レポートの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「イギリス + 観光」のおすすめ記事

「イギリス + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

「イギリス + お土産」のおすすめ記事

「イギリス + お土産」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ニュージーランド」のニュース

次に読みたい関連記事「ニュージーランド」のニュースをもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月20日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. イギリス お土産
  2. イギリス 観光

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。