世界遺産シャンボール城500周年! フランソワ1世とダ・ヴィンチの構想と特別展(フランス・ロワール渓谷)

世界遺産シャンボール城500周年! フランソワ1世とダ・ヴィンチの構想と特別展(フランス・ロワール渓谷)
今年着工500年になるシャンボール城 ©Léonard de Serres

フランスのロワール渓谷の多くの古城のなかでも、もっとも美しい城のひとつに数えられるのがシャンボール(Chambord)城です。2019年9月は、着工から500周年を迎えます。今回は、シャンボール城着工500周年を記念するイベントを紹介します。

世界最大のルネッサンスの城

世界遺産シャンボール城500周年! フランソワ1世とダ・ヴィンチの構想と特別展(フランス・ロワール渓谷)
気球から見たシャンボール城 ©Domaine national de Chambord © Léonard de Serres

シャンボール(Chambord)城と5,440ヘクタールの敷地は、32キロメートルに及ぶ塀に囲まれていて、これは囲まれた庭園としては、ヨーロッパ最大のものです。

シャンボール城は、若きフランス国王フランソワ1世の命により、ソローニュ(Sologne)の沼地に建てられました。狩りの際の城としても用いられましたが、諸侯に国王の権力を知らしめるため、その象徴の意味で建てられたのが、一番の建築目的だったようです。

世界遺産シャンボール城500周年! フランソワ1世とダ・ヴィンチの構想と特別展(フランス・ロワール渓谷)
G.della Robbiaによるフランソワ1世像

1515年即位後まもなく、フランソワ1世は、現在のイタリア、マレニャーノ(Malegnano)の戦いに赴きます。この時、イタリアの建築やレオナルド・ダ・ヴィンチの作品を目にした国王は、その才能に魅了され、1516年レオナルド・ダ・ヴィンチを、「王のお抱え画家、建築家、技師」としてフランスに招きます。そうしてロワール渓谷クロ・リュセ(Clos Lucé)城にレオナルドを住まわせました。クロ・リュセ城からわずか500メートルほどの距離には王の城のひとつアンボワーズ(Amboise)城がありました。

レオナルドは、3年後、このクロ・リュセで、息を引き取ることになります。レオナルドの死去はシャンボール城建設が始まる数ヵ月前のことでしたが、シャンボール城建築にはレオナルドの構想が生かされていると考えられています。

シャンボール城は、1840年にフランスの歴史的建築物に指定されました。また、UNESCOの世界遺産には1981年に登録されています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 世界遺産 日本
  2. 世界遺産 長崎
地球の歩き方 ニュース&レポートの記事をもっと見る 2019年8月13日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら