田中瞳アナ、お坊さんに相談した「生まれたときからの悩み」とは!?

田中瞳アナ、お坊さんに相談した「生まれたときからの悩み」とは...の画像はこちら >>


 人は誰しも、その人にしか分からない悩みを抱えている。そんなことを実感させた場面だったのではないだろうか。


 4月19日放送の「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京系)では、さまぁ~ずの二人と田中瞳アナが、千葉県君津市の「中島」という地域を訪問。田畑が目立つ典型的な田舎町でありながら、この君津市は観葉植物「カラー」の出荷額では日本一という特色を持つという。今回のモヤさまでもさっそくカラーの生産者という地元の方を取材し、出だしは意外に好調そうだ。


「恒例の昼ご飯には、魚介だしの効いたラーメン店をチョイス。まずはさまぁ~ず三村が『けっこう美味い!』と食レポし、次は田中アナの出番です。するとラーメンをすすった彼女の頬が不自然にふくらんでいるではないですか。実は右側に口内炎ができているそうで、口に含んだ食べものはすべて左側で咀嚼することに。ナレーションでも『食べ方が変ですねえ』とイジられていましたが、顔を左に傾けながら食レポする様子は一風変わった可愛らしさにあふれてました」(テレビ誌ライター)


田中瞳アナ、お坊さんに相談した「生まれたときからの悩み」とは!?
君津市中島を訪れた一行。トップ画像ともに「モヤモヤさまぁ~ず2」公式インスタグラム(@moya2_official)より。



 そんな一行は、地元のお坊さんが2018年に開店した、中島地区では貴重なカフェを発見。さっそく店を伺ってみると、メニューの中に「悩み相談」という項目を発見だ。


 マスターによると、お坊さんに話を聞いてほしいという人はいるものの、寺だと敷居が高いとのこと。それがカフェならコーヒー飲みがてら話を聞いてもらえるということで、若者が恋の相談をしてくることもあるという。店には寺を継ぐという息子さんもいて、番組では21歳の息子さんに初の相談をお願いすることとなった。