【鎌倉殿の13人】北条政子が死罪を命じていた?史実とは違う結末とは

【鎌倉殿の13人】北条政子が死罪を命じていた?史実とは違う結...の画像はこちら >>


 その態度、歴史書に伝えられる史実とは違っているのでは? 首をひねった視聴者も少なくなかったようだ。


 5月1日放送のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第17回では、源頼朝(大泉洋)が逃亡した源義高(市川染五郎)の討伐を命じる「助命と宿命」と題したエピソードが描かれた。


 前回、平家を追い払って京に入った木曽義仲(青木崇高)だったが、京での作法を知らぬ振る舞いで後白河法皇(西田敏行)から疎んじられることに。さらに法皇を軟禁する暴挙に出たことから、頼朝は弟の源義経(菅田将暉)を送って義仲を討伐していた。


 その義仲の嫡男である義高は、鎌倉と木曽の和睦の証として頼朝の元に人質として送られ、頼朝と北条政子の長女である大姫(落井実結子)が許嫁となっていた。義高は大姫ばかりか母親の政子や叔母の実衣(宮澤エマ)からも気に入られていたが、頼朝が義仲を討ったことから、義高にとって頼朝は父親の仇となることに。将来の反乱を未然に防ぐため、頼朝は義高の首を刎ねるよう命じたのであった。


「その命令に政子は大反発し、弟の北条義時(小栗旬)らを巻き込んで、義高を伊豆大権現に匿うように仕向けます。だが義高は途中で逃げ出し、故郷の信濃に逃げ帰ろうとしました。しかし藤内光澄なる追手に見つかり、討ち取られてしまったのです」(歴史に詳しいライター)


 討伐の褒美がもらえると思っていた光澄だが、大姫や政子に突き上げられていた頼朝は義時に対して、光澄を死罪にするよう命じていた。義時に捕らえられた光澄は「なぜだー!」と絶叫しながら切り捨てられたのであった。