HKT48矢吹奈子、新作アルバムで後輩を引っ張る10周年からのスタート!

HKT48矢吹奈子、新作アルバムで後輩を引っ張る10周年から...の画像はこちら >>


 11月26日に劇場デビュー10周年を迎えたHKT48が、4年ぶりとなる待望の2ndアルバムをリリース。12月1日にアルバム「アウトスタンディング」が発売される。


 同アルバムのリード曲「突然 Do love me!」は11月22日に先行配信をスタート。11月30日にはフル尺でのMVも解禁され(※)、ファンの期待も高まるばかりだ。


 同曲のセンターを務めるのは、IZ*ONEとしての活動を終えて2年半ぶりにHKT48に復帰した矢吹奈子。これ以前にHKT48の楽曲に参加したのは2018年5月リリースの11thシングル「早送りカレンダー」が最後で、田中美久とWセンターを務めて以来となる。


 1stアルバムの「092」が発売されたのは2017年12月のこと。そこからの4年間でHKT48を取り巻く状況は大きく変化してきた。asageiMUSEでは今回、アルバムリード曲センターの矢吹に加えて2期生の田島芽瑠、ドラフト2期生の松岡はな、そしてドラフト3期生の渡部愛加里にインタビュー。前アルバムから4年間の移り変わり、そして最新アルバムに懸ける想いなどについて話を聞いた。


※リード曲「突然 Do love me!」のミュージック・ビデオは11月30日(火)0:00にHKT48公式YouTubeチャンネルにてプレミア公開となります。


HKT48矢吹奈子、新作アルバムで後輩を引っ張る10周年からのスタート!
HKT48。左から松岡はな、渡部愛加里、矢吹奈子、田島芽瑠。



■前作では考えられなかったことが起こっている感じ


――4年ぶりのアルバムとなる「アウトスタンディング」ですが、矢吹さんは前作のリリースから9カ月後にIZ*ONEで韓国に渡り、戻ってきたらすぐ次のアルバムというタイミングになりました。