羽生結弦を貪る「女帝」の恐怖支配(1)アイスショー1回“2000万円”

羽生結弦を貪る「女帝」の恐怖支配(1)アイスショー1回“2000万円”

 平昌五輪の2連覇で、その人気が沸点に達した羽生結弦(23)の「余韻」が収まらない。「連覇特需」を生み出す国民的スターはまさしく、打ち出の小槌。ガッチリ囲い込もうとするヤカラが出てくるのも当然といえば当然のことなのだが‥‥。

 もちろん五輪前からその人気ぶりは別格だったが、ソチ五輪で金メダルを獲ったことで約5000万円になったというCM契約料はこの連覇後、一気に倍の1億円にハネ上がったと言われる。連覇に加え、安倍政権が国民栄誉賞授与を検討するとなれば、そんな高騰ぶりもしかたないことかと、そんな気にさえなってしまうのだが‥‥。

 フィギュアスケート界では毎年春から夏にかけて、アイスショーが催されている。荒川静香(36)が主体の「プリンスアイスワールド」、宇野昌麿(20)や宮原知子(19)などの「スターズ・オン・アイス」、あるいは浅田真央(27)と舞(29)が中心の「ザ・アイス」が知られたところだ。

 おわかりだろうか。実はこうしたアイスショーには「派閥」が存在する。スケート連盟関係者が言う。

「だから各スケーターは、特定のショーに出演することになるんです。羽生が唯一出ているのは『ファンタジー・オン・アイス』。毎年、全国5カ所で公演が行われるこのショーのチケットを取るのは至難の業として、ファンの間で争奪戦が起きています。今年も5月から新潟など5都市の公演が予定されていますが、まだ全出演者の正式発表はされていません。でも、羽生は出演することになっていますよ。ギャラはひと滑り2000万円だとか。破格の金額です」


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「羽生結弦を貪る「女帝」の恐怖支配(1)アイスショー1回“2000万円”」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    羽生と羽生さん。

    1
  • 匿名さん 通報

    羽生、本人が困ってないなら良いけれど、不具合があるならこの構造を改めないとね❗

    1
  • 匿名さん 通報

    こういう老害は締め出すべき。百害あって一利なし。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。