麻生太郎が安倍&昭恵夫人の「尻ぬぐい役」に激怒!(1)自民党内からも苦言多数
拡大する(全1枚)

 安倍内閣を根底から揺るがす前代未聞の「隠蔽」「公文書改ざん」が発覚するや、財務省と政府は連日、猛烈に責めたてられている。「防波堤」となって総理夫妻の大失態の尻ぬぐいにあたる「盟友」も、コトここに至ってついに爆発。もはや瓦解を待つだけの、崖っぷち政権の怒号内幕を全部バラす。

 3月12日、財務省は森友学園への国有地売却を巡る決裁文書が偽造されていた事実をついに認めた。

 原本から改ざん、削除されていたのは、消された総理夫人・安倍昭恵氏(55)の名前を含め、その数は実に300カ所以上。財務省から説明を受けた野党各党は「国民を欺く前代未聞の組織犯罪」として、麻生太郎財務相(77)の即時辞任を求めるとともに、安倍晋三総理(63)にも引導を渡すべく気勢を上げている。

 いや、厳しい批判の声は自民党内からも飛び出している。最初のノロシを上げたのは、筆頭副幹事長を務める小泉進次郎氏(36)だった。

「なぜ書き換えたのか、何が真実なのか。そこが知りたい。自民党は官僚だけに責任を押しつける政党ではない。その姿を見せる必要があるのではないか」

 自民党の若きプリンスとして鳴らす進次郎氏がこうブチ上げれば、元財務副大臣で「うるさ方」として知られる村上誠一郎氏(65)も、次のように公然とも言える政権批判を口にした。

「そろそろ大所高所の判断をすべき時に来ているのではないか。ハッキリ申し上げて、(森友学園問題の)出発点は全て安倍さんだ。政権のトップとして、猛省していただきたい」