“決定版”これが有名人「あげまん美女」番付だッ!<内助の功インタビュー>安枝瞳が明かす「ピコ太郎」誕生前夜

“決定版”これが有名人「あげまん美女」番付だッ!<内助の功インタビュー>安枝瞳が明かす「ピコ太郎」誕生前夜
拡大する(全1枚)

 ピコ太郎を世に送り出した古坂大魔王が大ブレイクしたのが16年夏。人気が大爆発する以前の13年5月に交際を開始したのが、妻でタレントの安枝瞳(29)だった。当時の状況を振り返る。

 売れない芸人は経済面で逼迫していると思われがちですが、私が出会った頃にはもうすでに彼は、そんなにお金には困っていなかったと思います。当時から音楽プロデューサーとして楽曲を提供していましたし、テレビにも出演していました。お給料額を聞いたことはないですが、おつきあいした当時は都内の1DKに住んでいて、車も所有していたので。

──

 こう語るのは、週刊アサヒ芸能の表紙などでもおなじみの“やっさん”こと安枝瞳だ。彼女は昨年8月に「PPAP」が大ブレイクしたピコ太郎をプロデュースするお笑い芸人で、15歳年上の古坂大魔王と結婚。番組共演から4年3カ月の交際を経てのゴールインだった。

──

 もともと相手に稼ぎがなくても私が稼いで養えばいいと考えていたし、結婚してもネットのニュースにも載らないだろうと予想していた。だからこそ、あの大ブレイクにはお互いにビックリしました。周りの人も、宝くじの高額当選者になったかのように色めき立ってしまったんです。

 身近な人が急にほめそやすようになったので、私は売れる前と態度を変えないよう意識していました。私まで平静さを失ったら、彼の心身ともに休める場所がどこにもなくなってしまう気がしたからです。

 彼はテレビで見るとおりの礼儀正しい、対応が丁寧な人ですが、かなり繊細でもあります。ブレイク後、ネットで悪口を書かれて落ち込んでしまうこともありました。私は真逆で「書いてもらえるだけありがたい」と楽観的に捉えられるタイプ。沈み込んだ時は、「見ず知らずの人が言う悪口なんて、気にしなくてよくない?」と、今でも励ますことがあります。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

安枝瞳のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「安枝瞳」に関する記事

「安枝瞳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安枝瞳」の記事

次に読みたい「安枝瞳」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク