鈴木哲夫の政界インサイド「麻生副総理の真意は“総理の盾”?それとも…」

鈴木哲夫の政界インサイド「麻生副総理の真意は“総理の盾”?それとも…」
拡大する(全1枚)

「原因究明や再発防止などの職責を果たす。辞めるつもりはない」

 麻生太郎財務相は国会での追及にこう応じた。森友学園の国有地払い下げに関する決裁文書を財務省が改ざんしていた問題で、トップとして全てのケリをつけるというのである。

 そういうわりには、予算委員会で野党のヤジに対し「やかましいなあ」とにらみつける。さらには、辞職した佐川宣寿・前国税庁長官を呼び捨てにする様子も報じられた。そのため、自民党内からも「態度が悪い」「あれではマイナス」との声が出るほど、麻生氏の評判はすこぶる悪い。

 悪評を買ってまで、大臣の座にしがみつく麻生氏の本意とはいかなるものか。

「むしろ麻生氏本人は、佐川氏が辞め、財務省の調査結果を公表したあと、早い段階で辞めようとハラをくくっていたと思います」

 そう話すのは、麻生氏をよく知る自民党ベテラン議員。地位に固執せずに辞任することで、

「この問題を財務省レベルで収め、安倍政権を守るためにも副総理でもある自分が辞めることで幕引きを図ろうという狙いがあった」(前出・ベテラン議員)

 ところが、麻生氏はすぐに職を辞することはなかった。それは安倍首相から強く慰留されたためだ。麻生派議員がこう続ける。

「麻生氏は書き換え問題が発覚してから2度、安倍首相とこっそり会っています。その時に『もう少し落ち着くまで辞めないでほしい』と懇願されたというのです。しばらくは国会で野党の追及が続く。そこで麻生氏が辞めてしまえば、質問は全て安倍首相に直に投げかけられる。つまり、盾になってほしいということでしょう」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「麻生太郎」に関する記事

「麻生太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「麻生太郎」の記事

次に読みたい「麻生太郎」の記事をもっと見る

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク