「茶番喚問」を喜ぶ8人の「クソ野郎」と恥ずかしき政界(4)「昭恵は答弁も経営もダメ」

「茶番喚問」を喜ぶ8人の「クソ野郎」と恥ずかしき政界(4)「昭恵は答弁も経営もダメ」

 当然ながら野党が「次の一手」として強く要求するのが、安倍昭恵夫人(55)の証人喚問である。政治評論家の小林吉弥氏が解説する。

「昭恵夫人の証人喚問が実現しないかぎり、野党が森友問題で手を引くことはない。幕引きをしたい自民党の思惑とは裏腹に、鎮静化することは考えづらいでしょう」

 しかし、それでも自民党は、昭恵夫人の証人喚問をかたくなに拒否し続けている。その理由は単純明快だ。

「偽証のきかない場で責めたてられたら、しどろもどろで頭が空っぽになって、何をしゃべられるかわからない。佐川さんのような“官僚答弁”は絶対にできないですからね。支持率回復のためにも、メリットは何一つない」(朝倉氏)

 さらに、ある政界関係者は、次のように証言する。

「昭恵さんは東京・神田で居酒屋を経営していますが、共同経営者に名を連ねていたのが、16年解散の新党改革元議員で、今年2月に亡くなった平山誠氏でした。生前、『昭恵さんは大丈夫なのか。経営もまともにできないけど、何にでも首を突っ込みたがるおっちょこちょいだ』とこぼしていた。総理も頭が痛いだろう」

 森友問題に関する報道が過熱する最中、いきなり一面識もない葛飾区議のSNSに私信を送り、「私は年中泣いてます」と不安定な心境を吐露したことが報じられた昭恵夫人。真相究明のために、旦那の傘下から飛び出すほどの覚悟はゼロ。

 もはや国民の怒りは爆発し、総理官邸前では激しい抗議デモが展開されている。菅野氏も嘆息する。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 自民党 安倍晋三
  2. 自民党 小池百合子
  3. 自民党 憲法改正
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年4月9日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「自民党 + 安倍晋三」のおすすめ記事

「自民党 + 安倍晋三」のおすすめ記事をもっと見る

「自民党 + 選挙」のおすすめ記事

「自民党 + 選挙」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野党」のニュース

次に読みたい関連記事「野党」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら