鈴木哲夫の政界インサイド「二階幹事長に囁かれる森友抹消『ウルトラ奇策』」

鈴木哲夫の政界インサイド「二階幹事長に囁かれる森友抹消『ウルトラ奇策』」
       

 真相解明へと進むことなく、終わってみれば大方の予想どおり。3月27日に衆参両院の予算委で行われた佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問のことだ。森友学園への国有地売却に関する財務省決裁文書がなぜ改竄されたのか。当時、理財局長だった当事者の口から、明確な答えが語られることはなかった。

「担当局長としての責任はひとえに私にある」

 佐川氏は、そう認めながらも、「誰が、何のために?」という質問になると、

「刑事訴追のおそれがあるのでお答えできません」

 を50回以上も連呼して逃げ通したのだ。

 ところが、驚くほどきっぱりと言い切ったのが政治家の関与。

「(改竄は)理財局の中だけでやった話」

 と、完全否定したのだ。野党ベテラン議員が話す。

「これでは忖度どころか、自民党と事前に質問と答えのすり合わせをしていたとしか思えない」

 確かに、佐川氏と自民党議員とのやりとりには不自然さがつきまとう。

 例えば、参議院での丸川珠代議員の質疑。質問の文言を変えては何度も安倍首相や昭恵夫人、菅官房長官らの名前をあげ、改竄の関与や圧力がなかったかを確認していく。そのたびに、佐川氏は「ございません」と答える。最後に、丸川氏は「総理、総理夫人、官邸の関与はなかったとの証言を得られました」というひと言で締めたが、これなど“演出”の匂いがプンプンするのだ。

 自民党幹部の多くが「官邸の関わりを否定したことでこの問題は終わり」と一斉に語ったことで、ますます“演出臭”が強まったが、内心はヒヤヒヤしているはずだ。実際に「支持率がどうなるか」と警戒感を隠さない議員は非常に多い。


アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「鈴木哲夫の政界インサイド「二階幹事長に囁かれる森友抹消『ウルトラ奇策』」」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    そうだよね。野党ってあまり一気に片づけようとする意気込みを感じないね。安倍さん、フロリダで支持率アップの良い映像がとれるといいね。会談の目的は北でも貿易でもない。爆買いの成果を見てる。AHY.

    1
  • 匿名さん 通報

    佐川は前科者になったな。次はだれだ

    1
  • 匿名さん 通報

    アサヒ芸能(徳間書店)≒ アサジョ  って編集部が記事書くとろくでもないのに、やはり外注のジャーナリストに発注すると取りあえず記事になるよね。

    0
この記事にコメントする

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月10日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。