鈴木哲夫の政界インサイド「『安倍不支持』が強まる裏の野党間“不協和音”」

鈴木哲夫の政界インサイド「『安倍不支持』が強まる裏の野党間“不協和音”」

 森友学園への国有地売却に関する決裁文書改竄問題で、私は野党の喚問への対応に、いささか疑義を抱いていた。佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問が行われたその日、質問に立った希望の党・今井雅人衆議院議員とテレビ中継で話す機会を得た時のこと。

 喚問の質問時間を野党の議席数で割りふったため、小さな党は5分程度しかない。そんな短時間で、いったい何が聞けるというのか。なぜ、野党全部がまとまって、質問内容を調整しないのか。そのことを問うと、今井氏はこう答えた。

「反省しています。突っ込めそうなところで時間がない。各党に事情があります。しかし、その辺りのくふうをしなければ。次の証人喚問はこの教訓を生かしたい」

 もちろん、際立った質問をした野党議員もいた。例えば、共産党の小池晃参議院議員や民進党江田憲司衆議院議員。だが、いかんせん時間が短い。

 実は、森友問題が再燃した3月2日、ある野党OBが野党各党の幹部らにこんな提言をして回った。

「野党6党(立憲・希望・民進・共産・自由・社民)の仕切りを取っ払って特別チームを発足させ、代表や副代表を置き、調査部会をいくつか置いて組織化すべき。いずれ証人喚問など国会で追及する時が来る。その際に、質問時間を有効に使える。いわば、一つの大きな野党を作るくらいの気持ちで、コトに当たるべき。そのあと、政界再編にもつながるラストチャンスだ」

 もちろん野党6党は合同集会を開き、財務省へのヒアリングなどを続けており、一枚岩のように見えるが‥‥。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「安倍晋三 + 消費税」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 消費税」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + アベノミクス」のおすすめ記事

「安倍晋三 + アベノミクス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュース

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュースをもっと見る

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月17日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。