天才テリー伊藤対談「小松政夫」(4)大好きな小松さんが元気でうれしい

天才テリー伊藤対談「小松政夫」(4)大好きな小松さんが元気でうれしい
拡大する(全1枚)

テリー 僕、小松さんの大ファンだから、出演されているドラマもよく観てるんですけど、話題になった「やすらぎの郷」、セリフも長くて大変だったんじゃないですか?

小松 そうですね。板前の役で、包丁で刺身を切りながらの演技ですから。もっとも、板前の役は同じ倉本(聰)先生の「前略おふくろ様」の時にもやらせてもらいましたけど。

テリー そうですよね。僕、「前略」も大好きで、DVD全部持ってます。倉本さんは、どんな方なんですか?

小松 倉本先生は本読みの時に、ご自分で立ち会われる方ですね。普通、それは演出家の仕事ですけど、倉本先生は全部ご自分がやられる。で、本読みの前に、「セリフはリングですから、パッパッパッとつながっていかないと。基本的に私の台本は、それだけで完成されております」と、そこまで言い切りますから。

テリー 怖いなぁ(笑)。

小松 で、例えば、「あちゃー、あちゃー、それはないっスよ」ってセリフがあったとしますよね。それを自分なりに「あちゃー、それはないっスよ」に変えたりすると、「『あちゃー』って何回書いてありますか。もう1回読んでください」って言われるんです。

テリー ああ、完成されたセリフだから勝手に変更したらダメなんだ。

小松 そうなんですよ。その点、古澤監督なんかスピードだけあればいいっていうタイプですから(笑)。全然違いますよね。

テリー 2人とも天才ですけど、まったく違うタイプなんでしょうね。どちらともお仕事できたのは、貴重な体験だったんじゃないですか。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

テリー伊藤のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「テリー伊藤」に関する記事

「テリー伊藤」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「テリー伊藤」の記事

次に読みたい「テリー伊藤」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク