サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ラビットランが人気勢を一蹴」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ラビットランが人気勢を一蹴」

 今週は4歳以上、古牝馬によるマイルのGI戦、ヴィクトリアマイルがメインとして行われる。

 12回を数えるのみという歴史の浅いGI戦だが、毎年、一線級による熱い戦いが繰り広げられており、なかなか見応えある競馬だ。

 09年、女傑ウオッカは2着馬に7馬身もの差をつけて圧勝したが、それ以外は接戦が多く、馬券的にも興味を引くレースと言っていい。実際、これまで半数の6回が馬単で万馬券になっており(馬連は2回)、牝馬だけに一筋縄では収まらないところがおもしろい。

 今年は、重賞3連勝、目下4連勝と破竹の快進撃を続けるミスパンテールを筆頭に、昨年の覇者アドマイヤリード、中山記念2着のあと、ここ一本に照準を合わせ、万全の出走態勢を敷くアエロリット、オークス馬ソウルスターリング、リスグラシュー、レッツゴードンキなどが有力候補として名があがっているが、それに続く伏兵陣も多彩。いずれの馬が勝ち負けしても不思議はなく、穴党としても力が入るというものだ。

 例年に比べて顔ぶれはハイレベルと見られるが、だからといってウオッカ、ブエナビスタ(10年)、ヴィルシーナ(13年、14年)のように絶対視できるような馬は見当たらない。それだけに、馬券的には難解と言ってもいい。

 馬単で半数が万馬券になっていると前述したが、過去1番人気馬は3勝(2着3回)、2番人気馬は2勝(2着0回)ということで、人気どおり簡単には決まらないGIなのだ。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ヴィクトリアマイル」に関する記事

「ヴィクトリアマイル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヴィクトリアマイル」の記事

次に読みたい「ヴィクトリアマイル」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月10日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ヴィクトリアマイル 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。