「めちゃイケ」後番組が低空発進もフジが視聴率より重視するものとは?

 そこで注目されるのが、金食い虫だった「めちゃイケ」の後を継いだ「世界!極タウン」だというのだ。同番組は世界各地に番組ディレクターが移住するという体験型バラエティーで、海外ものながら制作費は格安。たとえ視聴率は悪くても、制作費を下げる方向で採算を合わせる作戦だというのである。

「業績の悪い会社では収益の維持よりも出費の抑制を優先するのが常道。それに月9ドラマを筆頭に凋落著しいフジテレビでは、番組に提供スポンサーを付けること自体が相当厳しい。その意味で『世界!極タウン』は現在のフジテレビにとって格好のテストケースとなっているのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 はたして決算発表で「世界!極タウン」にはどんな評価が下されるのか。フジテレビのみならず、テレビ業界全体が注目していることだろう。

(金田麻有)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年5月8日の芸能総合記事
「「めちゃイケ」後番組が低空発進もフジが視聴率より重視するものとは?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    嫌なら見るなウジテレビ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。