武井壮が真剣に返した“全面否定の罵詈雑言”とは?

武井壮が真剣に返した“全面否定の罵詈雑言”とは?

 タレントの武井壮が5月26日、ツイッター上で浴びせられる自身への辛辣な野次を嘆いた。

 スポーツや政治、芸能、文化など幅広い分野への関心からマルチな活動を続け、SNS上でもあらゆる時事問題についての持論を展開してきた武井だが、自身のツイートに対する返信として、「面白くもない、演技もできない、顔も良くない、歌も上手くない、なんで芸能界おるん?」といった野次が一般ユーザーから浴びせられたことを告白すると、「いや、まあまあいい仕事すんのよ! わかんねえけど!! スポーツとか、動物とか、え? そりゃたしかにそんなに面白くはないけど! ってバカ! 傷付くやろ! 誰か慰めろ!」などと回答。ユーモラスな返信でファンからの“助け”を求めた。

「辛辣な野次コメントでタレントとしての存在価値を“全面否定”された格好の武井ですが、わざわざ真剣に返信するマメな姿にはファンも『丁寧に返事を書く武井さんがやさしすぎる』『そんな訳わからんヤツに返信することないですよ』『どこまでもマジメな武井壮。それが芸能界で活躍するユエンだろう』『怒らずにしっかり説明する武井さんが好き』と賞賛のです」(エンタメ誌ライター)

 そういった否定的なコメントこそ、武井の存在意義を裏付けているようだ。エンタメ誌ライターが続ける。

「また、『たしかに武井をおもしろいと思ったことは一度もないが、気づいたらファンになってるという不思議』『特に強みがないのにテレビに出られるタレントこそ最も才能があるとも言える』『武井壮はマルチだから器用貧乏と誤解されてしまう』など、多方面に活躍する武井だからこその悩みであることをファンも理解しているようですね。さらには、『決して他人の趣味をバカにしようとしないところが素敵です』『たまに出る独特のなまりが聞いてて癒やされる』『イケメンでもなく、ブサイクでもない絶妙なルックスがたまらん』『社会問題を斬るツイッターでの鋭い意見が参考になる』といった多種多様な賛辞が並び、武井自身の嘆きとは裏腹にバリエーション豊かな“褒め言葉”が飛び交っています。マルチタレントにとっては、これだけ多岐にわたる絶賛の声はかなりの励みになるんじゃないでしょうか」

 最近のワイドショーを騒がせる日本大学アメフト部による悪質タックル騒動についても、「競技関係者みんなもう一度考えよう。勝利やオリンピックは当然大事だし素晴らしいよ。でもよ、反則したり若者苦しめたり彼らが人生投げ出してまでも『勝たなきゃ食って行けない』ような業界じゃ未来はねえよ」と自身の考えをつづっていた武井。スポーツに対する熱意や愛情、そして社会問題に対して真摯に向き合うスタンスは、一部の人々を除いて、しっかりと伝わり、また着実に好感を得ていると言えそうだ。

(木村慎吾)

当時の記事を読む

武井壮のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「武井壮」に関する記事

「武井壮」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「武井壮」の記事

次に読みたい「武井壮」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月4日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 武井壮 twitter
  2. 武井壮 結婚
  3. 武井壮 陸上

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。