俺たちが悶絶した「昭和のボイン」大博覧会(1)<直撃1・水沢アキ>

俺たちが悶絶した「昭和のボイン」大博覧会(1)<直撃1・水沢アキ>
       

 70年代を生きてきた男たちにとって、水沢アキ(63)の一大決心は激烈な記憶として残る。清純派のアイドル女優は、なぜ、ベールを脱いだのか?

──77年に雑誌「GORO」に掲載されたのは、浜辺で濡れたTシャツから透けてのぞく巨大な乳房。当時の若者たちは一人残らずノックアウトされました。

水沢 松本人志さんや薬丸裕英さんに言われました。恥ずかしかったけど、どうしても買いたかったって。

──フルヌードではないにせよ、むしろ、濡れたTシャツの内側に想像力をかきたてられたものです。加えて、それまで「清純派アイドル女優」であったことのサプライズですよね。

水沢 そうよね、NHKの「連想ゲーム」の司会もやっていたわけだから。フルヌードには抵抗があったので、Tシャツ1枚ならギリギリでいいんじゃないかと。でも、あの写真を含めて篠山紀信さんと出会ったことが、私の芸能生活の“新たな一歩”だったと思ってる。

──純粋なデビューは72年、いきなり「夏に来た娘」(TBS系)の主演デビューという破格の扱いでした。

水沢 北海道の牧場から上京した娘って設定だったから、クランクインまでにひたすら乗馬の練習をしたの。馬には今でも乗れるくらい上達したけど、ただ、夜8時台のドラマで胸がユサユサと揺れるのはいけないから、サラシを巻いて固定してくれと言われました。

──ああ、時代背景がわかります。アグネス・チャンや小柳ルミ子も同様の発言をしていますね。そして翌73年7月には「娘ごころ」で歌手デビューも飾った。


当時の記事を読む

松本人志のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松本人志」に関する記事

「松本人志」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松本人志」の記事

次に読みたい「松本人志」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月19日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 松本人志 Amazon prime
  2. 松本人志 twitter
  3. 松本人志 ダウンタウンなう

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。