ザギトワの「マサル調教動画」に“日本の恥コメント”が殺到

ザギトワの「マサル調教動画」に“日本の恥コメント”が殺到

 ロシアのフィギュアスケート選手アリーナ・ザギトワが、自身のインスタグラムに愛犬との“戯れ動画”を公開したのは6月12日。しかし、よからぬ注目を集めてしまっているようだ。

 スライドショー形式の「ストーリー機能」を利用する形でおよそ15秒のムービーを掲載し、室内での「お座り」や「伏せ」といった仲睦まじいしつけシーンをファンへ届けたザギトワ。日本の秋田犬保存会から贈呈された秋田犬は生まれたばかりのメスだが、「勝利」を意味するゲン担ぎとして“マサル”と命名するなど、ザギトワの茶目っ気と親日ぶりは多くの日本人ファンのハートをワシづかみにしてきた。

「16歳とは思えない艶っぽさとオーラ、そして『沢尻エリカ』にそっくりとも話題になった日本人ウケの良さそうな“美少女ザギトワ”には、たくさんの“ヤバい”ファンも発生しています。今回のマサルとの調教動画によって“興奮”した男性ファンはネット上で、『マサルになりたかった。。』『ザギトワちゃん、俺にも叱ってほしい』『この子に“お座り”って言われたらどこでも座れる自信がある』『やっぱ大好きだわ、、ザギトワ様』などと反応。女性ファンによる『おっさん、キモすぎる』『この子が何歳だか知ってて言ってんの?』とのヒンシュクも同時に集めています」(テレビ誌ライター)

“誰を”“どのような形で好きになるか”は各々の自由だが、それを公に向けて発信してしまえばザギトワの親日感情にも悪影響が出てしまうかもしれない。

「過去には日本の記者から『どういうタイプの男性を恋人にしたいですか?』などと、ハラスメントと解釈されてもおかしくない質問を投げかけられ、『あまり考えたことはないし、それは良い質問ではないわね』と辟易した様子を浮かべながら苦言を呈したこともあるザギトワ。やはり16歳という思春期の女性に対する扱いや接し方は然るべきマナーに乗っ取ったものでなければ恥をかくことになりますね」(テレビ誌ライター)

 日本中のファンたちもまた、ザギトワを刺激し過ぎるのは禁物といえるだろう。

(木村慎吾)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. フィギュアスケート ルール改定
  2. フィギュアスケート 女子
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年6月19日のスポーツ総合記事
「ザギトワの「マサル調教動画」に“日本の恥コメント”が殺到」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    パヨ連中はこいつの犬になりたいんじゃない

    1
  • netuyo 通報

    ネトウヨだけど、パヨクブサヨの性癖は批判しない。 パヨクの脳みその無さとお花畑の思想を批判するだけ。

    1
  • 匿名さん 通報

    俺らジャップは白人コンプ持ちだからなあ

    0
  • 匿名さん 通報

    キモいのは同意だが、相手の年齢は関係ないと思うんだが。相手が成人してたらキモくないとでも?どっちにしてもキモい発言だろ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「フィギュアスケート + ルール改定」のおすすめ記事

「フィギュアスケート + ルール改定」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「卓球」のニュース

次に読みたい関連記事「卓球」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。