「間違い歯磨き」が突然死を引き起こす(2)「生ゴミに消臭スプレー」と同じ

「間違い歯磨き」が突然死を引き起こす(2)「生ゴミに消臭スプレー」と同じ
拡大する(全1枚)

 実は、歯周病菌はさまざまな生活習慣病と深く関わっている。その代表格が糖尿病だというのだ。

「糖尿病治療にはHbA1cという検査項目があるのですが、これをほんの0.1ポイント下げるのがすごく難しい。ところが歯周病治療を行った糖尿病患者さんの多くにHbA1cの下降が見られるというデータがあるんです。つまり歯周病菌が、インシュリンの分泌や血糖値の変化などに関与しているということ。それが、歯周病が糖尿病の『6番目の合併症』と言われるゆえんなんです」

 さらに、歯周病菌や菌が作り出す毒素が血管の中に入り込むと、全身の臓器、心臓などに歯周病菌が付着する場合があるといい、

「菌が作り出す物質によって血管が痛めつけられ、硬化したり細くなったりすれば、結果、動脈硬化を起こし、それが心筋梗塞や脳梗塞など、死に直結する病気を誘発する引き金になることもあるんです」

 知らない間に歯が抜け落ち、ともすれば突然死を誘発する。ところが籾山医師いわく、最大にして唯一の予防法であるはずの歯磨きに、実は深刻な問題があるというのである。寝不足が続いたり深酒した翌日、なんとなく歯茎に違和感を感じるのは記者だけではないだろう。

「現代人は常にいろいろなストレスにさらされているため、免疫力や抵抗力は人によってすごくムラがある。ただ、日本人には生活習慣としてほぼ100%、歯磨きが定着しています。それでも成人の8割が歯周病を持っているということは、ふだん行っている歯磨きのしかたが間違っているから。人によって免疫力は違うので、同じ量のバイ菌が残っていた場合、免疫力、抵抗力の弱い人はわずかな量で病気を引き起こす可能性があるということです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「生活習慣病」に関する記事

「生活習慣病」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「生活習慣病」の記事

次に読みたい「生活習慣病」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク