キムタク出演のさんまドラマ「Jimmy」が地上波で放送不可能なワケ

キムタク出演のさんまドラマ「Jimmy」が地上波で放送不可能なワケ

 7月20日から、ドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(Netflix)の配信が開始された。同ドラマは、明石家さんま役の小出恵介が不祥事の影響で降板。玉山鉄二が代役を務め、撮り直しが行われた。

「このドラマは、明石家さんまとジミー大西の知られざる物語を描くオリジナルドラマです。当初は、ドラマファンから『見る気がしない』と前評判は悪かったのですが、いざ配信が始まると『予想外に傑作』と好意的な意見が多く上がっています。本編ではジミーのほか、さんまの生き様にもスポットが当てられており、ネットでは『家族と死別した壮絶な過去を抱えているからこそ、さんまの言葉が突き刺さる』『男気や優しさに感動した』『ジミーの天然ぶりも衝撃だが、さんまのすごさがわかるドラマ』と絶賛されています」(テレビ誌記者)

 また「Jimmy」で、大きな注目を集めているのが、木村拓哉の出演である。本編では、さんまの先輩芸人役として登場し、楽屋シーンで玉山と関西弁の掛け合いを見せている。他にも出演者には、先日、玉木宏結婚を発表した木南晴夏や、主題歌にMISIAを起用するなど、豪華キャストが作品を彩っているものの、地上波では絶対放送できない理由があるという。

「本編では、当時の空気感を伝えるために、台詞に放送禁止用語が登場したり、木村初登場回のラストでは、美人女優が胸の先端まで披露するマッパ姿でベッドシーンを演じるなど、衝撃のシーンがたびたび登場します。過去、Netflixが制作する作品は、ピース又吉直樹原作『火花』がNHKで、『テラスハウス』がフジテレビで放送されており、地上波で流れることもあるのですが、この作品の放送は不可能でしょう」(前出・テレビ誌記者)

 さんまがプロデュースした配信ドラマ「Jimmy」は、あえてテレビではできないことに挑んだのかもしれない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年7月24日の芸能総合記事
「キムタク出演のさんまドラマ「Jimmy」が地上波で放送不可能なワケ」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    >あえてテレビではできないことに挑んだのかもしれない。   さんまの心意気だね(感心)❗

    2
  • 匿名さん 通報

    むしろこのくらいの意義ある作品を、地上波でしないとならないのでは❔

    2
  • ニャニャー 通報

    地上波テレビに出すと視聴者からクレームが入るので、それもあるんだ・・・キムタクのベッドシーン、一度見てみたかった(つд⊂)エーン

    1
  • 匿名さん 通報

    地上波で流す意味は? スポンサーが嫌がるんでしょ。自由にできるネット配信にする意味なのでは? 緩やかに地上波の視聴率が下がり、ネット配信の比率が増えていくのかな?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュース

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュース

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。