髭男爵を激しく焦らせた明石家さんま“頭の回転早すぎ”言動!

髭男爵を激しく焦らせた明石家さんま“頭の回転早すぎ”言動!

 お笑いコンビ髭男爵山田ルイ53世がラジオ番組「空想メディア」(TOKYO FM)に出演し、大先輩・明石家さんまから“芸の使い回し”を指摘された過去を明かしている。

 8月5日放送回のゲストとして同番組に登場した山田は、たびたび共演するさんまの“芸”に対するストイックさを物語るエピソードとして、「ボクらが売れ始めてまだ3、4カ月しかたってなかった時に、さんまさんの番組に出させてもらったんですよ」と、切り出すと、続けて「貴族の格好をしてスタジオで挨拶させてもらったら、さんまさんが『お前らまだワイングラス持ってんのか!?』って」と話し、同じネタを披露し続けていたことを驚かれたようだ。

 さらに、「ボクらはあと2年くらいはイケると思ってましたけど、さんまさんは頭の回転が早すぎてどんどん新しいモノを求めてる。ゾッとしましたよ。もうボクらやっちゃいけない、と思いましたね」などと語り、ウリとしていた“ルネッサンスネタ”にいつまでもすがる姿勢を再考させられたと告白している。

「40年以上テレビ界の頂点に君臨し続けるさんまらしいエピソードといえるかもしれませんが、彼はかねて“同じネタで稼ぎ続ける”ことに嫌悪感を覚えており、常に新しいことを創造したがる性分です。過去にはSMAPに対して『お前らはエエよなぁ?。とりあえず“世界に一つだけの花”を歌ってたらキャーキャー言われんねんから。オレなんかおもろいこと思い付いても次の日にはまた考えなアカン』などとボヤき、年末の特番で何度もお決まりのように披露される名曲の存在をうらやましがっていました。当然、ギャグと楽曲ではまったく性質が異なりますが、さんまの価値観が垣間見えるコメントですね」(テレビ誌ライター)

 毎日おもしろいことを考え続けたいさんまにとって、駆け出しの髭男爵がいつまでもワイングラスを片手に同じネタを披露している光景は異様に映ったのだろうか。

 いずれにせよ、“お笑い怪獣”さんまの向上心は留まるところを知らないようだ。

(木村慎吾)

あわせて読みたい

気になるキーワード

明石家さんまのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年8月20日の芸能総合記事
「髭男爵を激しく焦らせた明石家さんま“頭の回転早すぎ”言動!」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    結局のところ過去の成功体験にしがみつく人は時代の流れから取り残されるのはどの業界でも同じ事。 まして生き馬の目を抜く芸能界で保守的なのは致命傷ですわな。 そこが一発屋で終わるかそうでないかの違い。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュース

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュース

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら