「夏の甲子園第92回大会」沖縄県勢悲願の春夏連覇達成に観客が大ウェーブ

「夏の甲子園第92回大会」沖縄県勢悲願の春夏連覇達成に観客が大ウェーブ

 夏の甲子園で沖縄県代表が初めて全国制覇を成し遂げたのが、2010年の第92回大会である。それまでに春選抜での優勝は3回あったものの、夏の選手権では2年連続の準優勝が最高成績で、栄冠にあと一歩届かず涙を飲んできた。そんな沖縄県勢悲願の夏制覇を成し遂げたのが、同年春の選抜優勝校でもあった興南。史上6校目の春夏連覇達成というおまけ付きだったのだ。

 優勝の原動力となったのが、左腕から野茂英雄(元・近鉄など)を彷佛とさせる投球フォームを繰り出し、“琉球トルネード”と呼ばれた島袋洋奨(福岡ソフトバンク)である。春の選抜優勝投手の左腕が沖縄県民の夢を叶えるべく、夏の聖地でも躍動したのだ。

 初戦の鳴門(徳島)戦。島袋は7回を投げ被安打5、7奪三振。打線も15安打で9点を叩き出し、9‐0の大勝で優勝へ向けて好発進となった。続く2回戦も明徳義塾(高知)に8‐2で圧勝。島袋は被安打8ながらも12奪三振の力投だった。3回戦の仙台育英(宮城)との試合では序盤に奪った4点を島袋が被安打6、10奪三振の1失点完投で守り切り、4‐1で勝利。ついにベスト8へと進出する。

 準々決勝では聖光学院(福島)に2回表に3点を先制され、この大会初めて追いかける展開となった。だが、相手の2年生エース・歳内宏明(阪神)を4回途中でKOし、結果的に10‐3で完勝。島袋は9安打こそ許したが8三振を奪い、3回以降は無得点に抑える力投ぶりだった。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年8月19日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら