野村克也、阪神はスポーツ紙を見て監督選び!?

 さて、ひととおりボヤいた野村氏は、ここで阪神弱体化の原因に斬り込む。その一つが、監督問題だ。

〈1970年以降の阪神で、一人が連続して長く監督を続けた例は中村勝広の6年間(90─95年)が最長である。(中略)次いで岡田彰布(04─08年)の5年が続く。それ以外は全員が3年以下で交代を繰り返している。(中略)伝統球団といえるチームには、長く監督を務めて、その伝統の土台を作った大監督、名監督が存在してきたからだ。しかし、阪神にはその歴史がない〉

 野村氏が首をかしげる要因について、ベテランの阪神担当記者が解説する。

「長期政権がないのは、ファンも親会社も我慢できない性格だから。和田豊監督も後半はごっつい叩かれて、辞めろコールが起きました。いきなり結果を求めるのは関西独特のこらえ性のなさ。1年目のオープン戦から結果を求めてしまう。オープン戦なのに3連敗したら『どうなっとるんや』とマスコミもファンも騒ぐ。それに乗っかってしまう阪神電鉄も情けないですわ」

 85年の21年ぶりリーグ優勝、そして日本一の土台は、前任の安藤統男監督が作ったというのは、ファンの間では常識とされる話。その功労者についても、阪神電鉄関係者は言う。

「本当は5年契約やった。今までコロコロ代えたのがよくないから長期ビジョンで、と。でも結果が出ないからと、3年でクビを切った。これが象徴ですわ。結局、ファンもマスコミも親会社も絶対に変わらない。改革は無理です。去年、ファンは『しばらく負けてもいいから、若い選手を使って育てろ』と言いましたが、それを本当にやったら暴れだしますよ」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。