野村克也、阪神はプレースタイルに一貫性なし

 前出・阪神担当記者も、これに同意する。

「機動力を実践しようとしても、足を使ってかき回せる選手がいない。いや、足の速いのはいますが、塁に出るレベルがあまりに低い。それに和田監督は各スポーツ紙を読み、OBの大物評論家の意見、批判を気にして、その主張に沿う采配をするような人。目指すのは守りの野球と言いますが、じゃあ何で福留孝介なんて獲ろうとするのか」

 野村氏は和田監督について、こうも書いている。

〈実は、和田が監督になる直前のバッティングコーチ時代、(中略)不安を覚えたことがあった〉

 その不安とは何か。1点を追う8回一死一、三塁のチャンスで、代打・上本博紀。和田打撃コーチは上本に耳打ちした。ネット裏で評論していた野村氏は、阪神担当記者に「何を指示したのか」と尋ねると、

〈「思い切っていけ、でした」という。まさか、と思った。(中略)私なら最低でも、「相手は大ピンチだ。初球は内角からは入ってこないぞ。外の球に絞っていけ」と指示する。(中略)「思い切っていけ」は指示ではなく、「どうすれば思い切っていけるか」が指示である〉

 和田監督が進む方向を見失ったのは、ビジョンがまったく見えなかった真弓明信前監督の失敗が大きい、と野村氏は続けてコキ下ろす。

〈とにかく型にはめたがり、そのワンパターン、思考の硬直ゆえに星を落とす。11年の開幕当初、久保田智之→小林宏→藤川球児の並びにこだわるなどしたのがその典型だった。(中略)真弓監督は、全知全能を駆使して采配を振るうことを放棄していたようにさえ見えた。(中略)真弓監督はまず、継投を型にはめた。そして攻撃でも、相手にお構いなく、「自分が決めた台本通り」に事を運ぼうとした〉


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。