浅田VSキム・ヨナ、稼ぎが多いのはどっちだ!?

 キム・ヨナは、バンクーバー五輪後にモチベーションが下がったようで、10、11年の世界選手権こそ出場したものの、それぞれ銀メダルに終わり、以降は長期の休養となった。

 その間、前五輪Vを支えたブライアン・オーサーコーチ(51)と決別し、女子フィギュア界で憧れだったミシェル・クワン(32)の義兄に当たる、ピーター・オペガード(53)を新コーチとし、練習拠点もカナダのトロントからアメリカ・ロスへと移したのである。

 フィギュア関係者が解説する。

「ロスでのキム・ヨナは当初、遊んでいましたね。ロスは幼児虐待に敏感な地域で、指導者が手を出したり罵倒したりする姿が見受けられると、同じリンクを使用している児童の母親らがすぐ通報してパトカーが到着するようなところ。コーチも厳しい指導はできず、彼女はディズニーランドも近い環境を謳歌していた。その結果、ボディはポチャポチャと太り、トリプルジャンプを跳べなくなる時期まであったんです」

 バンクーバー五輪で浅田の205・50点を大きく上回る228・56点というギネス記録で優勝したキム・ヨナは、芸能界からも引っ張りだことなった。今年7月に、韓国の広告会社が同国の歴代メダリストの広告出演回数を発表したが、彼女がそれまでに出演した広告は136本にも上り、ダントツの1位だったのである。

「CMだけではなく、昨年にはテレビ番組でMCまで始めました。そして昨年、米経済誌『フォーブス』が発表した女子スポーツ選手の長者番付で彼女は、直近1年間に900万ドル(約7億5000万円)を稼いだとして世界7位だった」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アリーナ・ザギトワ」のニュース

次に読みたい関連記事「アリーナ・ザギトワ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「羽生結弦」のニュース

次に読みたい関連記事「羽生結弦」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。