社台王国の野望「日本人騎手が脅かされる」

 武は、社台の馬ローズキングダム(10年・ジャパンカップ)の騎乗ぶりと、同レースの審議での「発言問題」を巡って社台の逆鱗に触れ、干されるという結果を招く。さらにタメ殺し騎乗と相まって、現在では社台に見放され、有力馬にはあまり乗れなくなった。勝利数の激減は、まさに社台との確執が原因と言えるのだ。

 代わって騎乗を依頼されるのは、ご存じのようにミルコ・デムーロやクリストフ・スミヨンといった一流外国人騎手だ。

 GⅠでの有力馬騎乗など、もはや外国人騎手なくして日本の競馬はありえないが、それを積極的に推し進めてきたのが社台グループなのである。

 何でも、決定的となったのは、世界的な名手ランフランコ・デットーリの存在だと言われる。

「02年のジャパンカップのテレビ放送にゲスト出演した照哉氏が『デットーリが騎乗すると、他の騎手より5馬身違う』と発言し、物議を醸したことがあった。実際に、ファルブラヴに騎乗したデットーリが勝ったため、照哉氏は『それ見たことか』と自慢げにしていたが、それを知った日本の騎手の一部から『言いすぎじゃないか』という声が上がったのも事実です。でも、それも一時のこと。社台はこの頃から、外国人騎手中心でいこうと、心が定まったと聞きます」( 前出・厩舎関係者)

 社台としては、何とか通年で外国人騎手を乗せたい(現在は1人約3カ月間の短期免許のみ)。が、それには日本騎手クラブ(会長は武豊)から「そんなことをされては日本人騎手の生活が脅かされる」と反対の声が上がっており、JRAもOKは出していない。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「チャンピオンズカップ」のニュース

次に読みたい関連記事「チャンピオンズカップ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュース

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。