安倍晋三「完全勝利」の暗黒シナリオ(1)圧倒的な得票差の完全勝利

安倍晋三「完全勝利」の暗黒シナリオ(1)圧倒的な得票差の完全勝利
       

 事実上の総理大臣を決める自民党総裁選は「安倍vs石破」の“タイマン勝負”の構図だが、下馬評どおり「安倍1強」は崩れず、すでに“消化試合”の秋風が漂う。そんな中、いまだ支持候補を鮮明にしない小泉進次郎氏を巡り、水面下でのバトルは激化しているようだ。時の総理は、最後のピースまでをも奪い取って叩き潰すつもりなのだという。

「金足農業のひたむきさ、一生懸命頑張っている姿が人の心を動かす。自民党もそうあるべきだ」

 8月30日、派閥総会の場で夏の甲子園の話題をさらった秋田の公立高校を引き合いに出し、総裁選への決意を新たにしたのは石破茂元幹事長(61)だ。

 しかし、相対する安倍晋三総理(63)の選対関係者はこの発言をあざ笑う。

「確かに金足農業がエース吉田輝星君1人で、秋田県勢としては103年ぶりに決勝戦にコマを進めた大活躍には目をみはるものがあった。それでも、決勝戦では大阪桐蔭の強打の前にノックアウト降板となってしまったわけです。みずからを金足農業に例えた石破氏ですが、さしずめ開戦前から負け戦の白旗宣言をしたようなものだと言えます」

 自民党総裁選は国会議員票(405票)と地方の党員票(405票)、計810票の投票で争われるが、すでに国会議員票の7割強を確保したとされる安倍総理は、早くも再選後の組閣人事の布陣を固めているという。政治部デスクが人事を巡る裏攻防を詳述する。

「焦点は、幹事長のポストです。突然、『携帯料金は4割下げられる』と発言した菅義偉官房長官(69)は、次期政権をにらみ“幹事長職アピール”に打って出てきた。これに対し、現職の二階俊博幹事長(79)は、党則を変えて“安倍3選”の流れを作った安倍内閣の功労者です。『ここで外されたのでは、反旗を翻すことも』というポーズで死守する構えですが、安倍総理の思惑は違う。公文書書き換えが問題となった財務相の後処理として、現職の麻生太郎財務相(77)は副総理に専念させて、腹心の甘利明元経産相(69)を復帰させたいんです。他にも、最側近である加藤勝信厚労相(62)を横滑り入閣させ、“お友達”下村博文元文科相(64)の再入閣も検討しています」


あわせて読みたい

安倍晋三のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「安倍晋三「完全勝利」の暗黒シナリオ(1)圧倒的な得票差の完全勝利」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    政治板に芸能誌のピンボケ記事はいらない。

    0
この記事にコメントする

「安倍晋三 + 消費税」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 消費税」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + アベノミクス」のおすすめ記事

「安倍晋三 + アベノミクス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュース

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュースをもっと見る

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月10日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。