安倍晋三「完全勝利」の暗黒シナリオ(2)小泉進次郎への入閣打診に父がうなずいた

安倍晋三「完全勝利」の暗黒シナリオ(2)小泉進次郎への入閣打診に父がうなずいた

「もちろん安倍総理が優位なのは間違いありません。しかし、まだ100%勝負が決まったわけではない。何が起こるかわからないのが選挙です」

 と波乱含みを読み解く、政治評論家の鈴木哲夫氏があとを引き取る。

「安倍総理が国会議員票を7割固めたと言われていますが、これはしょせん派閥の足し算でしかありません。細田派、二階派、麻生派の結束は強いと見ますが、一方で岸田派は割れています。出馬を予定していた岸田文雄政調会長(61)が一転見送ったことで、『出馬して存在感を示すことで次がある。禅譲などありえない』と、一部議員から不満が出ているからです。一部は石破票に回る流れ。すでに竹下派は衆院が安倍、参院が石破と2分していますが、無派閥議員に影響力を持つ菅官房長官が動けば、『石破支持』の国会議員票はかなりの底上げを図ることが見込まれる。国会議員票で負けていても、地方票では分のある石破さんには、いい勝負ができる可能性があるんです」

 つまり、一陣の風が吹けば、形勢は一挙に逆転となる可能性を残しているというのだ。この派閥の論理を崩せるキーマンとして名前が挙がるのが、小泉進次郎筆頭副幹事長(37)である。

「永田町のある国会議員は『進次郎の決断は、100票を動かす影響力がある』と見積もっています。つまり進次郎氏が石破支持を打ち出せば、国会議員、地方票、合わせて100票の浮動票が流れる可能性があるわけです」(鈴木氏)

 12年の総裁選で石破候補に1票を投じた進次郎氏こそが、石破氏の最後の切り札になるというのだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安倍晋三 アベノミクス
  2. 安倍晋三 ドナルド・トランプ
  3. 安倍晋三 ロシア
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年9月11日の政治記事
「安倍晋三「完全勝利」の暗黒シナリオ(2)小泉進次郎への入閣打診に父がうなずいた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    よくこんなくだらない妄想記事をいっぱい書けるな。芸能誌って想像力が必要だな。しっかし表題が気持ち悪すぎ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「安倍晋三 + アベノミクス」のおすすめ記事

「安倍晋三 + アベノミクス」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + ドナルド・トランプ」のおすすめ記事

「安倍晋三 + ドナルド・トランプ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「菅直人」のニュース

次に読みたい関連記事「菅直人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。