「半分、青い。」脚本家・北川悦吏子に批判と“メンタル懸念の声”が続出のワケ

「半分、青い。」脚本家・北川悦吏子に批判と“メンタル懸念の声”が続出のワケ

 9月に入ったとたん、世間から“迷走扱い”されている朝ドラ半分、青い。」(NHK)。9月1日の第132話では永野芽郁演じる鈴愛佐藤健演じる律による、不貞か友情か不明な「5秒ハグ」シーンが物議を醸し、週が明けた9月3日の第133話では風吹ジュン演じる廉子によるナレーションだけで済まされた律の「ナレ離婚」に疑問の声があがっているのだ。

 さらに脚本を担当する北川悦吏子氏がツイッターに投稿している内容にも“中の人も迷走中”と呼ばれているようだ。北川氏はこれまでにも、自身のツイッターに“神回”の期日を予告をしたり、視聴者から意味がわからなかったシーンを指摘されるとツイッターで説明したりしていたが、8月28日には〈最近、リプライに妙なものが入って、こわくて読めなくなってます〉〈北川さん、これは大丈夫というものに、#北川プラスとつけてください。そしたら、必ず読みます〉〈はっはっはっ。さすがに、アンチが、北川プラス!とは、打てないだろう^^!と踏み絵の意味もあります〉などと投稿している。

「そのため、北川氏の脚本に批判的な、いわゆる“北川アンチ”が激怒しているのだとか。『批判的な意見を受け入れられないのなら、ツイッターも脚本家も辞めたらどうか』『賛同も批判もあるのが世の中だろう』といった声が増え、北川氏のメンタルを心配する声も目立っているのだとか」(女性誌記者)

 北川氏は〈悪い意見を聞かない理由は、それ聞いて、自分の書くものが良くなる気が全くしないからです〉とも投稿している北川氏。自分がやりたいことを阻むものに対して戦う姿勢は、鈴愛によく似ているのかもしれない。

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュース

次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP×SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP×SMAP」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 朝ドラ まんぷく

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。