横綱・稀勢の里を相撲協会が見限った(2)代わりの力士が出そろった

横綱・稀勢の里を相撲協会が見限った(2)代わりの力士が出そろった

 好角家の漫画家・やくみつる氏が語る。

「希望的観測を持ちうる好材料がない。細かく区切って見ていくと、序盤で2連敗ならダメでしょうし、5日目までに2勝3敗でもダメ。そればかりか現時点で、フル出場とか、優勝に絡むレベルではないのです」

 気負い込んで出場したものの、序盤から連敗してあっさり引退した横綱はゴマンといた。

 他人事のように自分を語る稀勢の里の姿勢からは、ケガが完治せず、そのため自分の相撲が取り戻せない現状に、ヤケになっている様子がうかがえる。

「そもそも横綱に昇進できたのも、いい意味で予想を裏切ったと言える。ケガをして取り口を変えろというような評論もありましたが、融通が利く器用な相撲ではないんです。場所前、左を使う全盛期を彷彿させる相撲もあって、それに期待する声も出ましたが、ここは開き直って活路を開くしかないと思いますね」(やく氏)

 実際、尾車部屋で見せた左を使う相撲には親方衆も好意的で、尾車親方などは、

「あの相撲だよ。俺は悪くないと思う。序盤を4勝1敗くらいでいけば、気持ちも乗ってくる。やってみないとわからない」

 と、同じ一門の親方として、引退論を封印してみせる。

 とはいえ、8場所連続休場の間に、周囲の見方は変わってきた。先の相撲関係者が指摘するには、

「正直言って、先場所、御嶽海が優勝し、豊山も三賞を獲得する活躍だった。稀勢の里に代わる日本人力士が出そろったことが稀勢の里復活にこだわらなくなった理由でしょうね。本人も、そうした空気に加え、一向によくならないケガにイラだちを超えて、開き直ってしまっている。それが自嘲気味のコメントになっているのではないですか」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年9月15日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら