大谷翔平「打者専念」に追い込むソーシア監督の腹黒魂胆

大谷翔平「打者専念」に追い込むソーシア監督の腹黒魂胆

 6月の右肘故障から約3カ月ぶりとなる復帰マウンドでまさかの肘故障を再発させてしまったエンゼルス・大谷翔平(24)。夢のメジャー二刀流が重鎮監督の「腹黒野望」に食い物にされる!?

 9月に入り、大谷の猛打が止まらない。スポーツジャーナリストの友成那智氏が驚嘆する。

「打者としてだけ見ても予想をはるかに上回る大活躍ぶりです。すでに城島健司(18本)、松井秀喜(16本)を抜く日本人メジャー1年目の本塁打新記録となりましたが、そもそも打数のベースがまったく違うため、比較の対象にならないほどです」

 城島は144試合出場での542打席、松井は163試合出場での695打席に対し、二刀流・大谷はわずか85試合出場での258打席(日本時間9月11日現在)で2人を追い抜いてしまった。いかに大谷が本塁打をハイペースで量産しているかがわかるだろう。

「大谷は13.6打席に1本というペースで本塁打を打っています。仮に今シーズン打者としてフル出場していたなら、45本は打っていた可能性が高い。もちろん本塁打王争いに絡んできたのは間違いありません」(友成氏)

 9月1週目には5試合で打率4割7分4厘、4本塁打と猛打を爆発させ、野茂英雄に続く2度目の週間MVPに選出された。

 しかも、その直前の9月3日の復帰マウンドで右肘の故障を再発させただけに、米メディアも「肘はいらなかった」と驚いたほど。メジャー担当記者が説明する。

「もっとも、この大谷の二刀流復活には、チームへの批判の声も聞かれます。というのもエンゼルスは首位アストロズとは17ゲーム差の西地区4位、すでにワールドシリーズ出場の目がない状態。にもかかわらず、消化試合で病み上がりの大谷を無理に登板させたことが結果的に肘の故障を再発させたのですから、明らかに球団の判断ミスだと言えます」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年9月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら