カタギでも実践できる「ヤクザ式」健康法を初公開(1)弘道会の本部内にプールが!

カタギでも実践できる「ヤクザ式」健康法を初公開(1)弘道会の本部内にプールが!

「ボーっと生きてんじゃねえよ!!」。素朴な疑問に答えられないと5歳のチコちゃんに叱られるNHKのクイズ番組が話題を集める中、週刊アサヒ芸能ヤクザ担当記者がつぶやいた。「なぜ親分は実年齢より若く見えるのか?」「暴排条例でジムに通えないのになぜムキムキ?」。ならば聞いてみよう、カタギが知らないヤクザ式健康法を!

「ヤクザの世界で有名な親分は、実年齢より10歳以上は若く見える。肌のハリツヤなんて同年代のカタギと比べたら歴然としているだろうな」

 そう語るのは、老舗団体の幹部である。17年の日本人男性の平均寿命は80・98歳と6年連続で過去最高を更新。「人生100年」が叫ばれる昨今、アンチエイジングの波はヤクザ業界にも押し寄せている。

「80歳を目前にした組長とお会いした時、シャツの上からでもわかるくらい胸が盛り上がっていたんだ。毎日の腕立てとスクワットで体作りをしているそうなんだけど、なんでそこまで鍛えるのか聞いたら、『抗争相手をブン殴るため』だと、大胸筋を左右交互にピクピク動かしながら言ってたよ」(老舗団体幹部)

 こうした武闘派組長のように、ここ数年で筋骨隆々のマッチョなヤクザが増えているという。

 だが、暴排条例の影響で、ヤクザを受け入れる民間のスポーツジムは皆無。ヤクザという身分を隠して会員になり、詐欺容疑で逮捕されたケースもある。では、いったいどこで鍛えているのか。「ヤクザライフ」(双葉社)の著者でフリーライターの上野友行氏はこう話す。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。