解散秒読み!?とんねるず、ファンクラブ閉会発表の裏に「方針の違い」見え隠れ

解散秒読み!?とんねるず、ファンクラブ閉会発表の裏に「方針の違い」見え隠れ
拡大する(全1枚)

 お笑いコンビとんねるずが10月1日に公式サイト「TN Lounge official website」を更新し、オフィシャルファンクラブが2018年12月31日限りで閉会することを発表している。

“とんねるずオフィシャルファンクラブTN Loungeより大切なお知らせ”とのタイトルでエントリーされた記事内で、「いつもとんねるずを応援いただき、ありがとうございます」と書き出すと、2018年をもってファンクラブを閉会することや、10月1日の13時をもって、新規入会の受付を終了したことも報告。最後には「とんねるずへの変わらぬご声援を、何卒よろしくお願いいたします」とのメッセージで締めている。

「登録された会員向けにとんねるずの活動やテレビなどの出演情報が配信されてきましたが、そもそも最近では石橋貴明木梨憲武が2人そろって登場する機会は皆無となり、巷ではコンビ解散の可能性すら囁かれてた状況だったので、もはやファンクラブとしての存在意義が形骸化していたとも考えられます。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了した後もお笑いの世界を突き進みたいという熱意が残っている石橋と、絵画などのアート作品の創作活動に傾倒している木梨の間には方針の違いがあるともされていますし、ファンクラブの閉会は“解散”の噂をさらに助長するでしょう」(テレビ誌ライター)

 石橋がミッツ・マングローブとともに昭和のノスタルジーに浸るトーク番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)も視聴率は決して芳しいものとはならず、ミッツとのコンビネーションの悪さや、週替わりのゲストいかんによってトークの弾みも左右されることから、いつピリオドが打たれてもおかしくない状況だ。

 ネット上にも「個人の活動に専念、といったところかな?」「解散ではないと思いたい」「解散かなぁ。。」との懸念が渦巻いており、今回のファンクラブ閉会発表を嘆いている。

 常識や慣例、モラルを破壊することでその名を轟かせてきた芸歴38年の大物とんねるずだが、このまま世間の記憶から徐々にフェードアウトしていってしまうのだろうか?

(木村慎吾)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「とんねるず」に関する記事

「とんねるず」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「とんねるず」の記事

次に読みたい「とんねるず」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク