武豊 4000勝の「初耳“裏”トリビア」18(1)タレント婚の先駆けだった

武豊 4000勝の「初耳“裏”トリビア」18(1)タレント婚の先駆けだった
拡大する(全1枚)

「土日だけの開催でこの数字は‥‥ありえない記録」。そう言って前人未到、空前絶後の偉業に敬意を表したのは、トップジョッキーの戸崎圭太だった。JRA通算4000勝に至る裏で、「天才」スターは数々の逸話を作ってきていた。そのトリビアの箱を開けると、マル秘伝説がこれでもかと‥‥。

 英雄色を好む──。日本競馬の至宝・武豊(49)ももちろん、例外ではない。

 記憶に新しいのは昨秋、栗東トレセンのレポーターを務めていた小浦愛(27)と京都での「路上チュー」を写真誌に撮られた一件だ。本人は「キスは覚えてないな。ハグはある」と弁解してみせたが、量子夫人(50)=元タレントの佐野量子=には厳しく叱られたという。

 その2年前にも、スプリンターズステークスに騎乗した日の深夜に、お天気キャスター・美馬怜子(34)との六本木「手つなぎデート」を女性誌にキャッチされている。

 武と六本木といえば、3年前に福岡市での競馬イベントで元プロビーチバレー選手の浅尾美和(32)と一緒になった際、彼女の口からこんな暴露発言が飛び出したことが。

「川合俊一さんに連れられて六本木のゲイバーに行ったことがあるのですが、奥のVIPルームにカッコイイ人がいると思ったら、それが武さんでした」

 東京や中山でのレース後には、六本木界隈に出没することがたびたび。

 ちなみに、先の「不倫疑惑相手」の二人に共通するのは、身長が160センチ以下ということ。どうやら小柄な女性が好みのようで、


当時の記事を読む

武豊のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「武豊」に関する記事

「武豊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「武豊」の記事

次に読みたい「武豊」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月13日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 武豊 G1
  2. 武豊 フランス
  3. 武豊 凱旋門賞

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。