金子恵美、六角精児を公開ディスに「タレント転身狙いがあざとい!」の声

金子恵美、六角精児を公開ディスに「タレント転身狙いがあざとい!」の声

 元衆院議員の金子恵美氏が、俳優・六角精児の見た目をあげつらうディスりっぷりを発揮し、視聴者からの批判を浴びたようだ。10月11日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)では“夫VS妻16人大暴露SP”と題して、配偶者を持つ男女8人ずつのゲストが出演。「妻」の側で出演した金子氏は、この日が初対面の六角を何度となくディスったのである。

 まずは、雛形あきこの夫で俳優の天野浩成が、雛形が捨てた化粧品のビンなどを収集しているというドン引きエピソードを披露。ここでコメントを求められた金子氏は、「天野さんが言っているのでギリギリ聞けますけど、六角さんとかだとサスペンスドラマのワンシーンみたいになっちゃって」と言い放ったのである。

 さらに家事はいっさいしないという六角の話題になり、「去年1回だけお湯を沸かしたことあるんですけど」と、六角がドヤ顔を見せると、金子氏はすかさず「どの顔が言ってるんだ」とブッこみ。対する六角も「あなたは何かオレに文句でもあるのか!?」と反発だ。すると金子氏は「天野さんや杉浦(太陽)さんがそう言うならいいですけど、六角さんは…」とあからさまなルックス差別を展開。これには六角も、初対面の人にブサイクと言われるために来たんじゃないと、怒り心頭だったのである。

 そんな金子氏について、週刊誌の記者が解説する。

「衆院議員を2期務めるも、前回の選挙で落選した金子氏は今、地元の新潟には戻らず東京のマンションで暮らしています。夫の宮崎謙介氏は金子氏の妊娠中に不貞を働き、それが週刊誌にスッパ抜かれたことで衆院議員を辞職し、現在の二人はともに元議員という異色の夫婦。しかし宮崎は議員辞職の経緯がよろしくないことから、ふたたび出馬することは無理でしょう。それに対して金子氏は父親が元村長で、本人は新潟市議と新潟県議を経て衆院議員に転身しており、夫の不貞問題でも“愚かな夫を献身的に支える妻”としての姿をアピール。ママ議員として復活の目はありそうに思えますが、どうも当の本人には議員に戻る気がないようなのです」


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年10月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中村倫也」のニュース

次に読みたい関連記事「中村倫也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「本木雅弘」のニュース

次に読みたい関連記事「本木雅弘」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「安藤政信」のニュース

次に読みたい関連記事「安藤政信」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。