「ビートたけし会長」のコント特番に期待される“紅白超え”へのシナリオ!

「ビートたけし会長」のコント特番に期待される“紅白超え”へのシナリオ!

 ビートたけしが10月21日、NHK放送センターにて開催されたお笑い番組「コントの日」(同局にて11月3日放送)の制作発表会見に登場し、同特番の年末恒例化に向けた意気込みを語っている。

 たけしを会長に据えた「日本コント協会」なる架空の団体を立ち上げ、サンドウィッチマン東京03劇団ひとり渡辺直美ロッチといった所属事務所の垣根を越えた実力派を同協会会員とし、“平成”をテーマにしたコント作品が次々に披露される年末特番「コントの日」。NHKでコントの番組を任せられるのは今回が初めてだというたけしは、同局から誘いを受けた当初は「縛りがキツいだろうとか、好きなコントができないんだろうとか、評判を落とすだけだってイヤな予感がしてたんだけど、やってみたらそうでもなかった」「割と自由にやらせてもらえる感じで」と語り、過度な制約がなかったことを喜ぶと、国民的歌謡番組である「紅白歌合戦」のように「コントの日」を年末の恒例特番に成長させたいとの願望を口にした。

「最近の地上波テレビではクイズ番組などが増加し、なかなか若手芸人の登竜門となるような威厳のあるお笑い番組が不足していました。たけしほどのクラスの大御所にもなると、もはや自分が楽しめる番組という要素以上に下の世代を育てられる番組を作りたいという意識が強いのかもしれません。本人も『コントの日に出られるのが一つのステータスになるような時間を作れたら名誉なこと』と語っているように、一夜限りの特別番組ではなく、長きにわたって新たな才能を発掘する場にしたいという思いがあるようです。そして、サンドウィッチマンや劇団ひとり、東京03といった、長期継続を目指すに値する豪華なメンバーが第1回目の放送に駆け付けたと言えるんじゃないでしょうか」(テレビ誌ライター)


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年10月26日の芸能総合記事
「「ビートたけし会長」のコント特番に期待される“紅白超え”へのシナリオ!」の みんなの反応 1
  • ニャニャー 通報

    視聴者だったら、紅白よりもこっちを選ぶんじゃないの?今や紅白がつまらなくなっているのは司会がジャニーズグループなので・・・たけしの毒舌も、人のためを持って使っているしね♡

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「伊集院光」のニュース

次に読みたい関連記事「伊集院光」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山本裕典」のニュース

次に読みたい関連記事「山本裕典」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。