閣僚や党の要職に女性議員を積極的に登用した安倍総理。7月参院選後に行われる内閣改造でさらなる寵愛を受けようと、“アベージョ”たちが必死のアピール合戦を繰り広げている。公開中の映画よりも濃厚な自民党版「大奥」の覇権争いをノゾいてみると──。

 自民党本部6階。古びたエレベーターを降り、突き当たりを右に曲がれば総務会長室、左に曲がれば政調会長室がある。この廊下を境に火花を散らすのは、総務会長の野田聖子氏(52)と政調会長の高市早苗氏(51)だ。1月6日放送の「新報道2001」(フジテレビ系)で、女性の社会進出の数値目標について真っ向から対立した2人だが、政治部記者が解説する。

「当選回数は野田が7回で、高市が6回です。閣僚経験も野田のほうが多い。総務会は自民党の最終意思決定機関です。政調会は政策を生み出すところですが、高市がどれだけ政策を提出しても野田が首を縦に振らなければ党政策として認められません。重みとしてはわずかに野田のほうが上ですね」

 国会議員としての野田氏の滑り出しは順調そのものだった。故・小渕恵三氏が総理だった時に郵政大臣に任命され、小渕総理から「将来の女性総理候補」として持ち上げられた。一方の高市氏はメディアに頻繁に登場するものの、目立つ部分はタカ派発言と推定Fカップのバストくらい。この2人が党本部のフロアを二分する地位まで接近した理由は「男」にあるという。政治ジャーナリストが語る。