厚顔クレーマー韓国を黙らせる必殺ワザ(1)韓国経済を潰す効果的な攻撃

厚顔クレーマー韓国を黙らせる必殺ワザ(1)韓国経済を潰す効果的な攻撃

 またぞろ始まった韓国による日本への嫌がらせ。今度は、慰安婦でなく徴用工という戦時中の労働者への補償問題だ。すでに解決済みの問題を俎上に載せて「厚顔クレーマー」ぶりを発揮。韓国の裁判所も国民感情に忖度して賠償請求を認める判決を下した。もはや何でもありの隣人を黙らせる必殺ワザはないものか。西郷どんよろしく「新・征韓論」で文政権を成敗する!

 10月30日、信じられない判決が、韓国の最高裁にあたる大法院で下された。戦時中に「強制労働させられた」と訴える元徴用工に1人当たり1億ウォン(約1000万円)の賠償を、当時の雇用主であった新日鉄住金に命じたのだ。

 外信部記者が解説する。

「いわゆる徴用工とは、第二次世界大戦中、日本の統治下にあった韓国で、日本企業によって労働者として徴用された人たちのこと。この徴用工に対する補償問題は、1965年の日韓請求権協定で解決済みだったはず。ところが、この協定を事実上、反故にした判決には、韓国の文在寅大統領による日本政府への嫌がらせの意図があったのは明白。北朝鮮政策で足並みをそろえない安倍総理に対する挑発行為にほかなりません」

 この判決に対し、安倍総理は国会で「国際法に照らせばありえない判断。国際裁判も含めあらゆる選択肢を視野に、毅然として対応していく」と断言し、徹底抗戦の姿勢を打ち出した。しかし、島根県・竹島を不法占拠するなど、これまでも幾度となく反日暴走を繰り返してきた韓国だけに、慰安婦や徴用工などの象徴的な問題で、今後も国際社会に日本失墜を企てることは想像に難くない。今回の徴用工問題で、日本に対するやりたい放題が極まった感すらあるが、いったい、どうすれば彼らを黙らせることができるのか。

...続きを読む

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年11月20日の政治記事
「厚顔クレーマー韓国を黙らせる必殺ワザ(1)韓国経済を潰す効果的な攻撃」の みんなの反応 47
  • 匿名さん 通報

    日本に悪意むき出しの韓国を甘やかしすぎた結果がこれ。フェーズは変わった。今後は日本がひとつになって韓国に圧力をかけよう。日本を怒らせたらどうなるか学習させる必要がある。

    52
  • 匿名さん 通報

    在日韓国朝鮮人には、秩序、道徳心と言うものがなく、法を守るという精神がなく、暴力行為によって、都合のいい優遇措置を日本から、搾取している民族である。

    44
  • 匿名さん 通報

    調べればわかりますが、在日は、韓国で強盗や強・姦をした犯罪者の子孫だから、川崎のような暴力的な恫喝活動で、数々の日本人以上の権利を拡大してきたし、現在も韓国籍のまま官僚や参政権を搾取しようとしている。

    41
  • 匿名さん 通報

    韓国人は、恩を着ることはありません。逆に恩を着せられると、相手より道徳的下位になるので、むしろ下位に置かれたことを恨みます。それを解くために、恩をくれた相手に復讐するのです。

    38
  • 匿名さん 通報

    日本人が平和に暮らす為には、在ちょん排除と断交以外に方法はない。官邸と外務省には、いつも断交の抗議をしている。嫌韓の方は、どんどん断交要求に参加してください。

    35
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。